Cave Augé * カーブ・オジェでローヌの試飲会



パリに春が来た!

 お日様がポカポカ照らす中、Cave Augé * カーブ・オジェにフラッと遊びに行きました。そしたらラッキー!ローヌ地方の試飲会が行われていました!
 久しぶりに会う醸造家たち!うれしい! 皆も良い天気なののでニコニコ!
そして妊娠中の私に、<自然派はちょっと飲んでも大丈夫だよ!逆に赤ちゃんも喜んでるよ!>とのこと・・・
本当ですか?!でも美味しいからちょこっと飲んでしまう私・・・

 

 

 

 

Hervé Souhaut, Domaine Romaneaux Destezet*エルベ・スオー、ドメーヌ・ロマノ・デストゼヴィオニエで造られた白はピュアで一番美味しかった!そして大好きなSt Epine*サント・エピヌは上品でウッカリと飲んでしまう 、繊細でセクシーなワイン!久しぶりに奥さんのベアトリスにも会えて、なんと気づいたら2人で30分も話し込んでしまった・・・娘さんたちの出産話や、エルべと結婚してよかった事とか、色々と教えてくれました! 

 

 

 

Alain Allier, Domaine Mouressipe *アラン・アリエ、ドメーヌ・ムレシップのワインは相変わらずフルーティーで夏にはぴったり!特にサンソーが含まれたPitchounet*ピッチュネは冷やして飲んだ一本なんてあっという間に無くなってしまいそう!それに比べてより濃厚な、グルナッシュとシラーで出来たCacou*カクーも飲みやすい!今年は冬もそれほど寒くなく、春も早めでしたので、8月の半ばには収穫開始するかもしれないらしいです!

 




 

 Nicolas Renaud, Clos des Grillons*ニコラ・ルノー、クロ・デ・グリヨンは私が大好きな生産者!優しくて、シャイで、きれいな目で・・・しかも2008年が初ビンテージ、まだワイン造りを始めて10年も経っていないのに、とても綺麗で真っ直ぐなワインを生み出す、ラングロールも一押しな作り手!特にキュベ・1901(コンクリートの卵形タンクで出来上がったウニィ・ブラン)は繊細で、香ばしく、今回一番ウットリしたワインです。夏にピッタリなLes Grillons *レグリヨン2013もスッキリとしてレモンスカッシュのように、サッパリ!そしてムルべードルの赤も、酸味がありフレッシュでスイスイといけそう!

 

 

 

そしてL’Anglore*ラングロールTavel*タベル2013は、まだビン詰め前なのに、もう完璧に仕上がっています!赤フルーツいっぱいな香りに、ちょっぴり残るスパイシーさ。香りを嗅いだだけで、すぐタベルだと分かる絶対・確実さ、やっぱりエリックはすごい!

ほかにも・・・ La Vieille Julienne, Chateauneuf du Pape *ラ・ヴィエイユ・ジュリエンヌ、シャトーヌフ・デュ・パップ09を試し、<オオオーこれは赤いジューシーなお肉と飲みたい>と思い、

Gilles Azzoni, Le Raisin et l’Ange*ジル・アッゾニ、ル・レザン・エ・ランジュと今後のことを話し合い、

ラングロールの奥さん、マリー・ジョと、レストラン、ジュール・ド・フェットのオーナー、ビュッシュ

 

 

最後はやはりこの人、René Jean Dard*ルネ・ジャン・ダール!彼とLes Baties*レ・バティを飲みながら、世間話!C est le Printemps *セ・ル・プランタン2013は名前の通り、春の香りが漂い、バラやスミレのお花畑にいるみたい。 膝が痛くて、腕も痛くて、体が傷んでボロボロになっても、いつも笑顔で明るく、冗談ばかり言っているルネ・ジャンが大好き!これからも元気で美味しいワイン、美味しいサルディーヌ、美味しいビールを造って下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

ルネ・ジャンと、ワインバー、ル・ガード・ローブで働いていた、アン・エレーヌ * ピースサインで!

私と、アルザスの生産者、クリスチャン・ビネール

 

ASAMI