丸の内MIKUNIでヌーヴォー・カウントダウン

東京のど真ん中、丸の内・MIKUNIにてヌーヴォーのカウントダウン マルセル・ラピエール・ヌーヴォー2010年 醸造元は勿論、ヌーヴォー人気トップのマルセル・ラピエールのヌーヴォーでした。流石、洗練されたレストラン・MIKUNIのヌーヴォー・パーティーでした。 ビジネス街のド真ん中、久々のヌーヴォー・パーティーだったとのこと。最近、ヌーヴォー祭りをあまりやらないレストランが多い中、逆に、景気づけに絶好のチャンスとして数年ぶりの開催とのこと。色々趣向を凝らしてのイベントでした。 10時ごろから、お客さんが少しずつ集まってきた。マルセル・ラピエールのもう一つの蔵であるシャトー・カンボンのワインをまず飲みならが24時を待った。カンボンは2009年、マルセルが生涯最高のミレジムと云切った年代でした。濃縮感があってスパイシーささえ感じさせてくれる絶品でした。 ヌーヴォ到着 到着したばかりのヌーヴォーをソムリエ小笠原さんが担いで登場。私は三日前にフランスから日本に到着。ほぼ同時にフランスから出荷したヌーヴォーが今ミクニ・レストランに到着。感無量です。今年も収穫に立ち会って、アッサンブラージにも立ち会った。そのワイン達が無事にレストランまで着いた。 24時、マルセル・ラピエールの遺作となった2010年ヌーヴォー乾杯! 皆に喜んでもらっている。 皆が幸せそうだ! つい一カ月半前まではまだ葡萄だった。 それが今、赤い液体に姿を変えて、皆に 喜びを振りまいている。何て不思議なことだろう。 銀座の寿司幸の杉山さん、 クラブ由美の伊藤さんの司会で楽しく雰囲気を盛り上げて頂きました。 流石、ミクニのお客さんは洗練された楽しい人達ばかりでした。 美味しいヌーヴォーと美味しい料理、楽しいひと時を過ごせました。 モルゴンの大地、収穫人、ソムリエ小笠原さん、 テラ・ヴェールの片岡社長、感謝です! MIKUNIスタッフの皆さん、お世話になりました!