Chef’s Kitchen, Wine Bar Teppenでアット・ホームなパーティ!

今日はフィリップ・カリーユ
といまでや酒店さんの方々と、楽しいお食事会です!

という事で、皆で向かったお店は、隠れた場所に在るカッコいいイタリアン・ビストロ、シェフズキッチン・ワインバール・てっぺん*Chef’s Kitchen WIne Bar Teppenです!

ここではイタリアン料理をこなす2人のシェフが、とてもフランクで美味しい料理を目の前で作ってくれます!
とにかく笑顔が耐えない!
いつ行ってもハッピーな気持ちになれる居心地の良い飲み屋さんです!

とりあえず、皆揃ってカンパ~イ!
オープン・キッチンなので、シェフ達とも楽しい会話が出来ちゃうとてもフレンドリーな空間です!

プピーユの生産者、フィリップが来るという事で、彼のワイン全種類が用意されてありました!左から
プピーユ90*Poupille 90 のマグナム
シャトー・プピーユ04*Château Poupille 04
リストワール・ダン・ヴァン・ル・ノワール *
L’Histoire d’1 Vin Le Noir
プピーユ04*Poupille 04
プピーユ・アティピック03*Poupille Atypique 03

そして次々と出てくるお料理!
ムール貝のマリネや生ハム、イタリアン・サラダなど、美味しい物が盛り沢山です!

これはイカとシソの葉に、コンソメゼリーを合わせたもの!口の中でとろける食感が最高!

そして魚を一匹丸々焼いた一品。味が中まで染み込んでいるサッパリ・激うま料理です!これがまた白ワインと最高な相性なのです!

シェフの舟木さん。

プピーユのマグナム・ボトルを手に取り記念写真です!

でもテキパキと仕事をこなす一面もキャッチ!
集中している姿がまたカッコいいです!

そして負けずと砂濱シェフも大きな鍋と対決中!

料理はタイミングが大切!

その瞬間を見逃さないようにメチャ集中している様子です・・・

一体何を作っているのでしょうか・・・?

こちらが完成品です!
ラードとキャベツのパスタです!これが本当に美味しい!
抜群な湯で加減と最高な味付け!
どんなにお腹がいっぱいでも香りだけでまた食欲が沸いてくる一品です!

いまでや酒店さんのオーナー、小倉さん。

上品でカッコよく、とても優しい彼女は誰もが憧れる存在です!

そして小倉さんと一緒に働いている小山さんと大塚さん。
とてもフレンドリーで笑顔が似合う二人です!

千葉に在るこの酒屋さんには、ワイン以外にもおつまみや調味料、小物も販売しており、他にも試飲コーナーや様々なイベントが開催されています!皆さんも是非行ってみて下さい!

モトックスの三浦さん。

元Jリーガーの武●選手に似ている爽やかで素敵な方です!

いまでやさんの常連のお客さまと、いまでやさんの大塚さんそしてフィリップのスリーショットです!皆楽しそうです!

****************************************************************************************

そしてここからイッキ大会開始!
最初に勝負に臨んだのは大塚さんとフィリップ!

せーのでイッキ開始!ゴクゴクと飲み始めた二人・・・

しかし大塚さんの方が少し遅れています!
この勝負はフィリップの勝ち!!

そろそろワインも飲み干すな~と思ったそのとき、テーブルに出てきたのは、ローヌ地方のダール・エ・リボ*クローズ・エルミタージュ05!

後からトゥレーヌのヴァンソン・リカールのワインも登場!

そして皆さんほろ酔い気分で今夜は終了!
美味しいワイン、最高な料理、そして皆の嬉しそうな笑顔がたくさん!
舟木さん、砂濱さん、ありがとうございました!そしてご馳走様でした!

シェフズキッチン・ワインバールてっぺん
*Chef’s Kitchen WIne Bar Teppen
154-0024 世田谷区三軒茶屋2-14-19 1-B
Tel:03-6805-5773
Fax:03-6805-5774
MAIL:tuiterucompany@ab.auone-net.jp
BLOG:http://ameblo.jp/tuiterucompany/


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /homepages/37/d650736798/htdocs/clickandbuilds/ClubPassionduVin/wp2016/wp-content/themes/portal/single.php on line 144