地産地消と地産他消の絶妙なコラボレーションに魅せられて

札幌の中央区にある、ワインショップ円山屋さんが経営するフレンチレストランMARU:Ni を訪問。

シックな雰囲気のエントランスから中に入ると、1階はおしゃれなスペースの中に、厳重に温度管理されたワインセラーが出現。

こちらはお酒屋さんのスペース。

2階と3階がレストランスペースとなっていて、こじんまりしているが、とても落ち着く雰囲気のつくりとなっている。

特に3階は「屋根裏部屋」といった印象で、6人座ったらもう手狭になるような小ささ。でもこれが妙にしっくりとマッチする。

まるで「家」に居るようなくつろぎ感さえ感じてくる。

***********************************************

前菜は今が旬の白いとうもろこし「ピュア・ホワイト」を軽くつぶした冷製ポタージュスープ。

あまり市場には出回らないものだそうで、なんと「生」もかじってもいただける、とか。

口に含むと、まるで「ミルク」を飲んでいるようなクリーミーな味わいに、思わずびっくり。

続いて2皿目は、フランボワーズ・ジャムを添えた
フォワグラのテリーヌ。

フランスの素材をわざわざ空輸して食材として提供。

3皿目はズッキーニのファルシーと金目鯛のソテー・アメリケーヌソース添え。

ファルシーの中身はズワイガニのすり身。
ナイフを入れると、カニの風味がふわっと立ち上る。

かまぼこのような食感でもなく、柔らかな舌触りが口の中に広がる。

いよいよメインディッシュ。

マグレ・ド・カナール・フランボワーズ・ソース添え。

フランス産のカナールを使用。カナールのジューシーな肉汁とフランボワーズ・ヴィネガーの酸味がベストマッチ。

デザートはガトー・ショコラ、
ヴァニラアイスクリーム添え。

***********************************************

地元北海道の旬な食材とフランス直輸入の食材の見事な融合と、

素晴らしい料理を造り出すMARU:NIの長尾彰浩シェフ。

MARU:NI
札幌市中央区南5条西24丁目3-16
TEL : 011-530-0202
火曜日休
Lunch : 11:30 – 14:00 L.O.
Dinner 18:00 – 23:00 L.O.
(日・祝は22:00 L.O.)
www.vin-maruyamaya.com
maruni@vin-maruyamaya.com