桜に時の流れ2010


3月30日、フランスに帰る前日に、高輪プリンスホテルにて大事な人との打ち合わせの為訪問。
思わぬ絶好の花見に出会う。8分咲きだろうか、まだ勢いを感じる桜だった。私は桜が大好きだ!
フランスにも桜はあるけど繊細さに欠けている。鮮やかに咲き乱れる前のこのくらいが一番好きだ!すべてがこれからだ!という清い時の流れを感じる。
ビルが立ち並ぶ東京の一角にこんな桜名所があるなんて。
ほぼ偶然に立ち会うことができた。感激だ。
この一抹の幸せをシャターに押して皆様にプレゼント。

今日は満月だ。空気に勢いがある。願いが通じてほしい!
満月のように満丸に! 皆にとって良い方向に!
この気持ちが素直に伝わって欲しいい!!桜ように時を流せたら。

桜に逢わせたいロゼワインがある

桜は心地良さを伝えに毎年やってる。
また、今年もまたやって来たな、と思う。そしてまた、早く急いで行ってしまうんだなとも思う。

早く、じっくり、沢山見ておかなければと思う。
本当はワインでも飲みながらゆっくり楽しみたいところ。
忙しく動きまわる中で、ホッとさせてくれる桜
が大好きだ。
やっぱり日本はいいなーって思う瞬間だ。

東京の真ん中にこんな処があるなんて、素晴らしいことだ。
特に、今日は光に勢いがある。光が桜の花びらに当たって反射しているようだ。

さあ、明日はパリに向けて出発だ。
前日にこんな、桜を見せてくれて感謝だ。
ひと時だけど本当に幸せな気分になれる!
同じ気分にさせてくれるワインを思い出した。今日は花見にはちょっと寒すぎる。でも、ラングロールのロゼ、ロビノのロゼ微発泡ワインをこの桜に逢わせたい。来年に逢いたいな。ボン・ヴォヤージ!