COTE DE FEULE コート・ド・フール・ジュラ地方で1世紀前より存在する最古の銘醸畑

ウーン、何という液体、美味しいだろう。
心地よいフルーティさ、エレガントでミネラリー。
スーット体に溶け込んでいく。
細くてやさしいミネラルな余韻がスーッと伸びていく絶品。
ジュラのピュピランPupillin村の銘醸畑COTE DE FEULEコート・ド・フール

★HUGHES BEGUET ユグ・べゲ醸造★
こんなトビッキリ美味しいワインを造るのは、パトリス・ユグPatrice Hughes
元数学者からの転身という変わり者。
好きなものにトコトン突っ込んでいく性格。
2009年よりここジュラでワイン造りを始めた。
ここ3年ほど前から“極”の造りの世界にのめり込んでいる。
単に美味しいから、トビッキリ美味しいワインに変身中。

除梗50%
除梗なしのグラップ・アンティエールのセミ・マセラッション・カルボヌック醸造
4週間のマセラッション(アル発酵・カモシ)
自生酵母のみ
So2無添加
3億年前の土壌、マルヌ・ブルー青い泥灰土土壌。ミネラル・エネルギーはここに由来する。

年間たったの1000本ぐらいしかできない一品。
見たら即飲むべし!

妹のようなキューヴェ“PLUSSARDプリュサール”も美味しいよ。
今夜はパリの最も元気なワイン・ビストロ“Coinstot vinoコワンスト・ヴィノ”で飲んでいる。
COTE DE FEULEコート・ド・フールはマグナムを開けました。4人で10分ほどで空瓶になりました。
感動のPatrice Hughesパトリス・ユグでした。