PARISで小粒で濃い試飲会                     Les Grands Verres レ・グラン・ヴェール -NO1

★いつも目いっぱい走っているPhilippe Jambonフィリップ・ジャンボン

 

やっぱりパリでも超人気者、でもフィリップは自分のブースには殆どいない。
他の醸造家のワインを飲みあさって交流している。
  

自分のブースを留守にして他の醸造家のワインを試飲しまくっているフィリップ。
元ソムリエのフィリップ、本当に他のワインを試飲するのは好きで、他の醸造家と意見交換するのが大好きなフィリップ。
試飲して感じたことをストレートに伝えている。
若手醸造家はフィリップの言葉を真剣に聞いて自分がやって来たことを説明している。フィリップの醸し出すオーラは凄い。
真っ直ぐなフィリップはストレートに溶け込んでしまう

★そして、アンジュのホープ Damien Bureau ダミアン・ビュロー

ダミアンは落ち着いている。過去3年間、収穫が極小なのが続いている。
ここまでの収入減はかなり厳しい。
でもダミアンは、すべてを受け容れて、じっくり構えて忍耐で前を見つめている。
収穫量は極小だったけど、ワインはトビッキリ美味しい。
アルコール度数11度と低くスート体に沁み渡っていく絶品!
このスーット伸びていくやさしい深味、美味しいな。
   

まだビン詰めしていないが、超自然な甘口の2015年のシュナン。立った2樽しかない。
まだ古樽熟成中。
普通、残糖が多い甘口は酸化防止剤がタップリ入っている。
ダミアンのこの Vin liquoreux ヴァン・リコロー甘口ワインLa Poivrotte ラ・ポワヴロットは、
SO2無添加のZERO ZERO!!
超貴重品! イヤー、もうたまらない!この液体は本当に“お神酒”だ。

そして、トビッキリ爽やかな微発泡のペティアンSaperli Popet サペルリ・ポペット。旨い!
   

会場はPARISのエッフェル塔の近所だった。
ほろ酔いで外に出ると、パリの曇り空にキリット立って、先頭が雲に隠れていた。
パリ情緒満載。