人気自然派ワインバー・ル・ガールド・ローブにて小さな忘年会


昨夜はパリで小さな忘年会をやりました。パリのナンバー1のワイン専門店カーヴ・オージェで働いているガンちゃんこと岩田さん、シュン(三浦)と私の3人でASAMIちゃんが働いているワインバーLE GARDE ROBEガールド・ローブに行った。 超人気店のガールド・ローブは満員だった。立席が丁度空いたので陣取った。 『アサミ!お勧めの白ワインを頼みます!』アサミが黙って開けた一本がLOVE AND PIFラヴ・アンド・ピフだった。 プリューレ・ロックで働いている若手ヤン君が自分ワインを造った。その初リリースのブルゴーニュ白だった。ミネラリーでキリッと締まった酸がしびれるほど美味しかった。 ブルゴーニュの久々の新人・自然派ワイン醸造家 ヤン・ドリュ ブルゴーニュの偉大なテロワール開拓人 ヤン君はHAUT COTE DE NUITSの 村にお婆さんの持っていた畑と醸造所を 引き継いで、ここ数年、畑を自然栽培に改良してきた。ヤン君はオー・コート・ニュイ地区にも偉大なるブルゴーニュの土壌が未開発で眠っていると信じている。 今、ガンちゃんは超忙しい。パリナンバー1のワイン屋カーヴ・オジェはクリスマスのディナー用に飲むワインを買いに来るお客さんで溢れている。 大量に買ってくれるお客さんには配達もしなければならない。師走のパリ中を走り周っているようだった。ほんのり赤くなったガンちゃん、お疲れさん! ヨーロッパ経済が絶不調の中、自然派ワインは絶好調!急進撃を続けている。