大規模・自然派ワイン見本市VINI CIRCUS ヴィニ・サーカス


DIVE BOUTEILLE ディーヴ・ブテイユに匹敵する大規模さ!


主催者の代表アントニー・コワントル


夜は試飲会場が巨大レストランに大変身、500人の大宴会!


自然派の神髄は、よく働き、よく食べて、友と分かち合う事


3日間続くソワレは盛大だ。普段は黙々と自然と向き合って働くヴィニュロン(葡萄栽培・醸造家)。自然派は時には過酷であり容赦はしない。時にはマニフィックな条件を与えてくれる。自分でコントロールが利かない自然を相手に生活を賭けている。地球を汚さず、飲む人に喜びと健康をもたらす為に真剣に自然と向き合っている。 今夜は、自分達のワインを評価してくれているワイン屋、レストラン、消費者の人達との団欒の場だ。
醸造家同士の情報交換の絶交のチャンス


さらに彼等にとって大切なのは、同じ方向に向かって日夜自然の中で働いている他の地方の醸造家達と親睦を深めたり、情報交換の場でもある。自然を相手に同じリスクを負いながら頑張る人達の悩みやトラブルには共通点が多い。違う自然状況の中で、お互いにやっていることを話し合うだけでも、時として大きな発見や改良点のヒントを見つけることができる。だからこんなソワレは彼等にとっては貴重な時間なのだ。自然派ワインの初期のころは、欠点が強いものが多かったが段々少なくなってきたのは、明らかにこのような情報交換が大いに役だっているからだ。先輩自然派ワインの造り手達が若手に色んなアドバイスをする場でもある。 左からソミュールの若大将セバスチャン・ボビネ 真ん中はパリの自然派ビストロ、ビストラルのオーナー、マチュ 右はアンジュの自然児、馬で耕し超自然な造りのブノワ・クロ ひょうきんなアイデアが次々と

SYRIL・ARONNZO シリル・アロンゾ

会場に入ると、入り口に最も近いところにブースを構えていたのはこの人、アイデアが泉の如く湧いてくるシリル・アロンゾ。ボジョレ地区最大の街ヴィル・フランシュに本拠地を構えネゴス活動を続ける。当初はボジョレの醸造元に入り込んで自分のアイデアでワイン造をしていた。最近はボジョレだけにこだわらずローヌ地方まで活動範囲を広げた。 ラベル上の新アイデア。月に葡萄園がある景色、月から地球を眺めるラベル。大胆不敵にもラベルの裏に分析表を明記して貼ってある。 揮発酸、SO2総亜硫酸、アルコールの数値。


DU RIFIFI デュ・リフィフィ 爽やかなグイグイ飲めてしまう微発砲の白とロゼがある。仕事が終わった後、冷蔵庫から出してグイ、風呂、シャワーから出てグイ!とやるには絶好の軽さで心地よい。

スペインとの国境にある美しい葡萄園で元気溌剌な女性イザベルが頑張っている。地中海、灼熱の太陽、乾燥した風土、世界遺産級の古木、これがルシオンのイメージだ。
ルシオンには自然派の大物ジャン・フランソワ・ニックがいる。彼に教えをうけてイザベル流を確立。
MURMUREミュールミュール 赤 樹齢85年のカリニャンが90%、樹齢85年のグルナッシュ10%。2011年は60%を除梗して、40%をグラップ・アンティエール除梗なしで仕込んだ。まさに果実の爆発!!といったイメージ。イザベルの元気がそのままのワイン。旨い!

LA PETITE BEIGNEUSEラプティット・ベニューズ

アルザス人のフィリップ・ヴィエスは5年前に、ルシオンのモーリ村にやって来た。シスト土壌と世界遺産級の古木がある原生的な空間と野性味に魅せられてしまった。 JUSTE CIEL ジュスト・シエル 白 アルザス人がシスト土壌で樹齢82年のグルナッシュ・グリで醸す辛口白ワイン。酸を残しながら収穫。シスト土壌のミネラルがキチッリのって爽やかさを倍増。潮っぽさも旨い。 LES LOUSTIC レ・ルスティック MAURYモーリー村の“スティル・ワイン”に原産呼称が認められた。樹齢82年のグルナッシュ・ノワール95%, 樹齢40年のシラー5%、除梗なし・グラップ・アンティエールのセミ・マセラッション・カルボの果実味の心地さ、昆布ダシのような旨味、シストのフレッシュさ抜群。

CLOS LEONINEクロ・レオニン

元プロ・カメランでもあり、ミュージシャンだった。曾爺さんが持っていたルシオンの畑に惹かれて葡萄家になった。醸造の師匠は、あのジャン・フランソワ・ニックだ。芸術家としてのセンスの良さに、南のトップ自然派の教えを享けてオリジナルな境地を開く大男ステファン・モラン。 MALOPHETマロフェ 赤 何と樹齢107年のカリニャン品種が60%で構成でフレッシュさを保ち、樹齢25年のグルナッシュ品種で果実味でミネラルを包み込んでいる。マロ発酵をやっても爽やかな南仏赤ワイン。 CARBONE 14カルボン 14  赤 ピレネー山脈が隆起した時代の花崗岩にやや粘土質が混じった土壌。樹齢60年のグルナッシュ・ノワール60%、グルナッシュ・グリ20%、グルナッシュ・ブラン20%、マセラッション・セミ・カルボで醸したフレッシュで果実味とミネラルが調和。

MAUPERTUISモーペルチュイ

フランス中央オヴェルニュ地方にあって自然派の元祖ジュル・ショーヴェの流れを継承するマルセル・ラピエール、ジャック・ネオポール、オヴェルノワなどの影響を直接うけた人物、ジャン・モーペルチュイが醸す超自然派の逸品。 LES PIERRE NOIRESレ・ピエール・ノワール ヴォルヴィック火山地帯の玄武岩土壌。やや黒く焼けた岩盤がある。標高400mという高さからくる爽やかな果実味が心地良くエレガントなワイン。樹齢77年の古木が生きている。 PINK BULLESピンク・ビュル モーペルチュイのワインはどれも爽やかで軽快でどんなに疲れていても飲める癒し系ワインだ。そんなワイン達の中にあって、最も癒されるワインが、ガメ品種で仕込んだ軽やかな泡ワインだ。ほのかな甘みに爽やかな酸と果実味がどこまでも心地よい。どんな疲れも吹っ飛んでしまう。

ブルゴニュの新人JULIEN ALTABER ジュリアン・アルタベール