VINI JAPON 京都 2010

1月24日京都に一般愛好家向けの自然派ワイン試飲会“VINI JAPON”が開催された。

それに参加の為フランスから2人の自然派醸造家を同行しての参加。マルセル・ラピエ-ルの長男マチュ・ラピエ-ル、とロワ-ルからフィリップ・テシエを同行。

特にマチュ・ラピエ-ルは日本初上陸で見るものすべてが新鮮だ。昨日、PARISから大阪に到着。そして本日、京都に移動。さすが28歳と若いマチュは旅の疲れも時差ボケもなく即通常の仕事をこなすタフさである。

マチュにスポ-ツは何をするの?と聞けば『葡萄栽培・ワイン醸造だ!立派なスポ-ツだよ!』と答える。身長185センチで贅肉もなく、真っ直ぐ伸びた姿勢は皆にスポ-ツマンに見えるのだろ。今回の日本滞在で10回ほど上記の質問を受けた。

さて、会場に着くと開催前のスタッフミ-ティングをやっているところだった。今日は400名ほどの愛好家が集まりそうだ。前回の経験上の諸注意事項を確認しあった。特に後半は酔っ払ってくる人が出るので、怪我をしないように注意をしよう。


オ-プンと同時に多数の人が津波のように押し寄せてきた。マチュもフィリップも驚いた。1時間後には人で会場がほぼ一杯になった。京都会場にも関わらず遠方からの来場者も多かった。九州から名古屋の愛好家やレストラン経営者、、酒販店経営者のプロの人たちも混じっていた。3時過ぎからは各ブ-スに近づくのも大変なくらいに混雑してきた。皆、本当に楽しそうに試飲している。


しかも吐き出さないですべて飲み込んでいる人が殆どだった、マチュが心配して、『伊藤!お客さん達は皆、吐き出さないで飲み込んでいるけど大丈夫か?』と聞いてきた。フランスでは皆この類の試飲会では種類が多いので皆吐き出すのが普通だからだ。これだけの種類が多いと少しづつだけでも全部飲み込むと大いに酔っ払ってしまう。『今日は一般愛好家の人が多いので、このような試飲会に慣れていないんだ。』と説明。


もう一つ、マチュが驚いたのは、ワインの試飲会に女性が多いこと。そして、初めてみた和服姿の日本女性が大変美しいこと。
大喜びのマチュだった。

来日、自然派醸造家の紹介タイム

←新井さん
VINI JAPONの発起人
フランス・ロワ-ルと日本の間を行き来しているタフな女性。
いつも元気で機関銃のように早口で語る。
素晴らしく美味しいワインを造っているスーパーウーマン。

大岡さん→
我らが日本が誇るローヌの醸造家、大岡さんだ。
今も昔も、初心貫徹の男!リスクと困難を極める醸造と栽培に挑戦し続ける。自然度の高さはフランスでもトップ級だ。
時間と共に益々磨きがかかる。カッコいい大岡さんだ!

←フィリップ・テシエC
今回、2回目の来日だ。ロワ―ルのシュベルニに醸造所を構え、チェリ-・ピュゼラらと共にヴァン・ド・コワンと云う地元の自然派ワイン組織を造り、そのプレジダンをやっている。地元のリ-ダーだ。日本食にピッタリの白と赤ペティアン(微発泡)は絶品。日本食に最高のマリア-ジだ!

マチュ・ラピエ-ル→
自然派の重鎮・マルセル・ラピエ-ルの長男として生れ、5年前よりドメ-ヌで働いている。最初は料理を勉強していた。料理人として世界中を旅して働いた。視野の広さっている。お父さんを尊敬している。その土台の上に、自分を発揮してもらいたい。

←フランク・コ-ネリッセと太田さん
フランクとは今回初対面だ。ベルギー人ということでフランス語が通じたので話ができた。穏やかな話し方で性格が優しい人だという印象。多分、彼のワインの中にもこの優しさが入っているだろ。太田さんはイタリアでは有名人だ、多くの人から愛されている。
             
ディオニの前田社長→ 
今回の京都でのこの会を成功裡に出来たのはやはり前田社長のお陰だと思います。
本当は、ディオニ社の中山さんが実質的に骨を折って頂いたとの事中山さんに感謝!

自然派ワインの人気は静かに確実に広がってる!

こんな人達がいました。 

京都のお酒屋さん    赤穂の47リカ-ズの岡田さん    福岡の山下食堂の山下さん

一般愛好家                   井上窓子さん

もう一人大切な人
会場で料理を準備してくれた方です。
大変なパッションでやってくれました。感謝!!

ご来場の皆様へ
本当に有難うございました。
自然派が存在するのも皆様のお陰です。
これからも、体に気をつけて自然派ワインを愛してください!
ワインはきっと皆様に恩返しをしてくれます。感謝!

VINI JAPON 京都 打上げ会

試飲会終了後京都の料亭で、自然派ワインの名の元に出展者が集い宴を囲みました。燃えろ!自然派!!

ディオニ前田社長の音頭で乾杯
今日は自然派ワイン業界にとって素晴らしい日でした。
5社の自然派ワインインポ-タ-が大同に集い京都初の自然派ワイン会を成功させました。
不景気と云われている今、あれだけの多くの人が集まる試飲会が
存在するでしょうか!?
明治の薩長土連合のようなものです。お疲れさん

                             萩野さん と  マチュ

食べる間もなく喋り続ける新井さん

フランク 太田さん  藤木さん  江上さん  大西さん


野村ユニソンがコスモジュンがディオニがヴィナイ・オ-タが京都の座敷の一部屋で共に語り、共に楽しみ、共に勇気つけました!

切磋琢磨で頑張りましょう!
素晴らしい一期一会でした。感謝!感謝!