東京・本格ワイン・ビストロの元祖“SHONZUI”

東京・本格ワイン・ビストロの元祖“SHONZUI”の勝山さん 本物ワインを語る時、この男をはずしては語れない。 それまでもワインバーは色々あったけど、殆どは グランクリュや有名ワインを中心にボルドーやブルゴーニュのウンチクを語るようなワインバーがほとんどだった。 ちょっと恰好を付けて、やや堅苦しい雰囲気のところばかりだった。 SHONZUIは勝山さんの性格の通り気さくな雰囲気で、無名のワインでも驚くような、美味しいワインを品揃えしていた。ワイン好きが本当に楽しみながら、新しいワインを発掘できる貴重なワインバーだった。 90年代の中ごろ、日本に出張で帰った時は、たびたび顔を出させていただいた。本当にワイン好きが集まってきて宝探しのように、無名のワインを飲んでワイワイやっていたのを覚えている。まだ、自然派ワインという言葉も広まっていなかった時代だ。オザミの丸山宏人氏とSHONZUIでロマネ・コンティを開けたことがある。多分、丸山氏がフランスから持ち込んだ1本だったと思う。皆で少しづつ分け合って飲んだのを覚えている。楽しいひと時を過ごさせていただいた。 祥瑞 東京都港区六本木7-10-2 三河屋伊藤ビル2F TEL :03-3405-7478 今年は1月から3月まで、半分以上日本に滞在した。日本全国を毎晩のように移動しては、色んな人達と食べたり飲んだりして交友を楽しんだ。その中でも勝山さんの誕生日に出くわした夜の印象が強く残っている。日本における、本物ワインの世界の親分のような存在だ。業界の人達、ワイン好きの人達がSHONNZUIに集まっていた。時間がだいぶ過ぎてしまったがどうしてもあの時の“空気”をこのHPでご紹介したかった。 一見豪傑のような風貌でいながら、大変細やかな気配りをする真面目な人だ。勝山さんがいなかったら、我々の世界もなかなか進まなかったのではと思う。尊敬すべき人物だ。 本当に遅くなったが、謹んで掲載させていただいた。感謝! メリメロの宗像さんも駆けつけていた。 偶然だがロワールのフィリップ・テシエ氏やボジョレのクリストフ・パカレ氏も連れてくることができた。勝山さんがワインに注いだ愛の量だけ、多くの人に愛されている勝山さんだと思った。フランスにも遊びに来てください。  伊藤 BEAUNEにて 勝山さんバースデーphotosギャラリー ワインを愛する量だけ、皆から愛されている勝山さん クリストフ・パカレ氏も参加しました。