あのChampagne Jacques Lassaigne               ジャック・ラセーニュ蔵元と渡辺シェフが….

京都の伝統的中華料理店「大鵬」の渡辺幸樹シェフがパリのヴェール・ヴォレでワインと共演


ピジョン鳩の骨をきれいにしゃぶっている時、いきなりシャンパーニュの醸造元ジャック・ラセーニュの生産者エマニュエル・ラセーニュが登場!

この夏、彼が来日した際に大鵬へ行き、シェフの料理に感動し、渡辺シェフと昼から飲み交わしたらしい。今日はこのイベントを耳にし、わざわざシャンパーニュから渡辺シェフに会いに来たという!
食事も進み、今度はボルチーニ、豚の胸肉とごはんを蓮の葉に巻いて炊いたものがサーヴされる。

そこで、エマニュエルがボトルも持って私達の席に来る。
「これはちょっと変なモノだ。」と、まるで子供のようなキラキラした目で注いでくれる。
シャンペン・ボトルから流れ出てくる液体はアンバー色に輝き、とてもきれいな泡がグラスの中で踊る。アールグレイ、干したアプリコット、東洋スパイスのような上品な香りが漂う。
なんと、エマニュエル作のオレンジ・ワインをシャンパーニュ方式で醸造したものでした!
シャルドネを10日間醸して、あとは通常のシャンパーニュのように造る。
      

ラセーニュ独特のキリッとした酸と塩味、そして、エキゾチックな口当たりがとても美味しい!こんな遊び心詰まったシャンパーニュの生産者は中々いないですね。
ちょうど食べているキノコご飯と、ぴったり。旨みと旨み、エキゾチックな香りどうしの混じりあいです。
お腹もそろそろいっぱいになり始めたときにちょうどいいデザートのお出ましです。
さっぱりした杏仁豆腐!これもエマニュエルのワインと相性がいいです。
最後はシェフとエマニュエルのみんなで乾杯!素晴らしい一晩です!
渡辺さんの中華料理はなぜこんなに自然派ワインと合うのだろう。
旨みと旨みのマリアージュ、テロワールとテロワール、そして人と人。渡辺さんと生産者は絶対互いに気が合う。このことが、料理とワインの時点でも現れるのかも。

「大鵬」の渡辺シェフ、とても明るく優しいシェフの人格がそのままあふれている素晴らしいお料理なのです。
名店舗のコラボでした。
渡辺シェフ、感動とエモーションありがとうございました!
佐竹さん、誘っていただいてありがとうございました!