春の祭典・自然派大試飲会・ラ・ルミーズ*LA REMISE-NO2

★16年産のCOEUR DE COEUR!!最も感動した蔵は!!
Jerome JOURET * ジェローム・ジュレ!! どこまでも優しいワイン

人間的にも素晴らしいジェローム。今回のこのルミーズ試飲会の主催者実行委員の一人でもある。
ジェロームの人間性はだれもが絶賛する。
.
真面目で実直で、浮ついたところが全くない。コツコツとやるべきことをこなしていく。
仲の良い夫婦。
二人の子供がいて、ほのぼのとした本当に暖かい家族4人がアルデッシュの風光明媚な田舎で暖かいワインを造っている。
ジェロームのワインには、この暖かさが入っている。

このブースにたどり着いたのは、午後の3時頃、体も舌もチョット疲れぎみの状態でテースティング。
口中に液体を入れた瞬間から、舌も体も癒されていくのが分かる。
どこまでもやさしくて、チョット潮っぽくて、フルーティー、しっかりミネラルが背骨を支えている。
ウーン、ここまで調和は…..凄い。 まさに“和”の世界の調和。繊細な和食に合わせたい、淡旨系。

ジェロームのワインで、“PAS A PAS”パ・ザ・パというワインがある。
“一歩一歩”の意。 ジェロームの人間なりがこの言葉に象徴されている。

また、ジェロームは多くの若手に影響を与えている。自然派を志す新人に惜しみなくすべてを伝授している。
ここで修業して独立した新人が素晴らしいワインを造っている。