南仏の自然派が結集La Remiseラ・ルミーズ- NO5

★Sylvain Bockシルヴァン・ボック 守破離の境地の赤(南アルデシュ地方ローヌ右岸)

 長年、マゼル醸造で研修を積んで独立したシルヴァン。白ワインは最初から素晴らしかった。
赤ワインの醸造で悩んでいた。ここ2年前から完璧なまでのバランスを備えたミネラルと果実味のスタイルが完成。
  

★Le Casot des Maillolles ル・カソ・デ・マイヨル醸造 
   (Banyulsバニュルス・ルシオン地方)

あのミティークな醸造家アラン・カステックが選んだ後継者のJordyジョルディ。世界で最も美しい景色を持つ畑で世界で最も大変な労働が必要な3.5hの畑。アランは20年の歳月かけて造りあげた“ザ・バニュルス”のテロワール。
バニュルで最高のテロワールであることは誰もが認める事実。シスト土壌からスーット伸びるシスト・シストなミネラル感、どこまでもソフトなタッチに仕上げた果実味、ジョルディのセンスが光る。
アラン・カステックの20年の仕事をジョルディの若いセンスでまとめたワイン。
パリの人気ワインビストロChambre Noir
シャンブル・ノワールのメンバーもここにくぎ付け。
  

★Le Temps des Cerises ル・タン・デ・スリーズ(ラングドック地方)

今、ラングドック地方で、ワインの品質、持続性、人品という観点から見て最も充実した蔵を挙げろと言われれば、私は迷わずル・タン・デ・スリーズ醸造を選ぶ。アクセル・プリュファールという人物が素晴らしい。驕らず、控え目で、ワインはどれを飲んでも素晴らしい。どんな年でもウーンと唸ってしまうほどワインを造り上げてしまう。
どこまでも明るくクリアーな性格そのものがワインに表現されている。