地の果て”Le Bout du Monde ル・ブ・デュ・モンド醸造   エドワード・ラフィット -NO1

Salon de vin “Indigenes” ワイン見本市“アンディジェンヌ”Part-15

本当に、ここの葡萄園に行くと、遠い“地の果て”まで来てしまったなあ!とジーッと見つめてしまう程の素晴らしい景色。
人里はなれてここは、まだ地球なのか?と思わず疑ってしまうほど。
こんな景観を見ながら育った葡萄達のワイン。


エドワード・ラフィットは、フラール・ルージュのジャン・フランソワ・ニックがエステザエルグ農協の醸造長時代に部下として共に働いていた。
ジャン・フランソワが独立して、ルシオンに来てしまった後、3年間、エステザエルグ農協の醸造長を務めていた。
自分も独立したくなって、後を追うようにここルシオンに来てしまった。
エドワード・ラフィットには最初から目指すワインのスタイルが決まっていた。
果実味を持ちながら、軽めでスーット体に入っていくワインを最初から目指していた。
だから、涼しい標高の高いところで、北斜面の涼しい畑が必要だった。

2005年理想の条件の畑を手に入れて醸造を開始した。
当時、同時期にルシオンに来たメンバーの一人で、一緒にジャン・フランソワ・ニックに醸造指導を受けていたのがYOYOだった。
姉弟のように仲の良い二人のワインは、最初から目指すところが同じだった。
南の太陽を生かしながら、熟してフレッシュさを残してスーット体に入っていくワイン。
二人とも標高の高い山の北斜面の畑を選んだ。
だから、二人のワインには共通するところが幾つかある。