Manifique Terroir, Clos des Oliviers Monopol          クロ・デ・オリヴィエ・モノポル

オザミ・デ・ヴァン・ツアーAux amis des vins Tour-No4

葡萄園の周りを石灰の石が積まれて壁Closクロができている。
フィロキセラ以前に農夫が開拓しながら積んだ石のClosだろう。
その外側はカシの木の森で囲まれている。
粘土石灰質土壌、すべてに保護された特別な場所。

この村は、ラングドック中で最も涼しいミクロ・クリマ微気象を備えている。
南フランスにいながら、酸をもたらす最高の条件が備わっている。
しかし、春先の冷害の危険性があることも今年わかった。
   

オリヴィエの持ち味は、瞬時に相手と会話が弾んでしまうところ。重鎮でも若手でもオールマイティーである。
こんな社交性を備えている人間を私は見たことがない。
即、相手の思っていることを聞き出してしまう超能力のようなものを持っている。
多くの自然派の重鎮に可愛がられ、聞き上手のオリヴィエは多くのことを聞き出して継承している。
古きを学びながら、全く違う世界を築きつつあるオリヴィエ・コーエン。
そんなオリヴィエが最高のミクロ・クリマの畑で醸すワイン達。