大阪の名店・幻のうずらやBEAUNEで一夜のみの復活

あの、名物、つくねが!! あの、うずら焼きが!!


ブルゴーニュのボーヌの街にある和食店BISSOH(びそう)にて、あの宮本ッチャンが久々の仕事。
4年前の大阪の人気絶頂のまま閉店した“うずらや”の再現。

今日、フランスは祭日。キリストが復活した日。
復活祭のこの日に、あの“うずらや”も復活した。


ボーヌの街のグルメなボーヌっ子が満員御礼。
日本の備長炭による炭焼きの美味しさに驚愕。
フライパンや直火では絶対にありえない優しい焼き具合に感嘆していた。

つくね、もフランス人にとっては初めての体験。
鶏を素材に作ったとは、誰も想像もつかないようすだった。

勿論、BISSOHの本来の料理とのコラボのメニュー構成。

合わせた繊細なワイン

宮本さん、お疲れ様でした。 いつかまた大阪でも復活して欲しいものです。
そして、ボーヌの日本食レストランびそうBISSOHさんにも感謝です。