La Lunotte – ラ・ルノット


今回お訪れたのは、La Lunotte -ラ・ルノットという Christophe Foucher – クリストフ・フシャさんのドメーヌです。
ここで少しフランス語の勉強を・・・
『ラ・ルノット』とは、『La Lune – ラ・リューンヌ』という言葉から来ているのですが、これは『月』という意味です。
何故ドメーヌの名に『月』と入れたかと言うと、月はビオディナミ栽培にとって欠かせないもの。月の形やポジションによって栽培の色々な作業を行うからです。

彼の庭には様々な木が生えています。しかも全部昔から植えてあった天然フルーツそのもの!
スモモの木、栗の木、そしてクルミまで生っています!こんな木通りを進んでいったら。。。

彼の畑が見えました!周りには本当に何も無いくらい自然に囲まれています。それにしても何ていい天気なんでしょう!やはりここの空気は気持ちいい!ここならば美味しくて甘い葡萄が実るはず!

この方がクリストッフさん。
少しシャイな可愛らしい笑顔が印象的!
昔から農業やワイン醸造のテクニック、何かを造りだす事に興味を持っていた、好奇心モリモリな醸造家です。
奥さんのお父さんの畑を借り、やっと夢を実現できたと幸せたっぷりな表情で話す彼。その思いと情熱さが彼との会話で感じられます。

皆で撮影会!
お客さんは皆同時にカメラを構え、ポーズを取っているクリストッフをいっきにパシャパシャ!
クリストッフも少しビックリ・・・
でもスターになった気分だ!と喜んでいました!

BMOの山田さんと高野さん
何か皆さん楽しそうです!



続いて醸造所へレッツ・ゴー!
と張り切っていたのですが、本当に本当に小さなカーブ・・・
しゃがまないと入れないくらい狭いのです・・・
そこには樽がポンポンと並べてあり、最低限のものしか置かれていません。

ここで庭での楽しい試飲会!真っ青な空の下で飲むワインは雅に最高!

最初に試飲したのはムニュ・ピノー100%で出来たキュベ、ル・オー・プレシ−Le Haut Plessis。上品な酸味、かつフレッシュ感が加わりとても美味しい〜!

続いてガメー100%使用のワイン、ル・プランタン−Le Printempsです。ル・プランタンとは春という意味。春ごろに瓶詰めをするからこの名前に決定したんだと。長時間発酵して造り上がったこのワインはとてもフルーティーでフレッシュ。


そして赤ワインのタンデム−Tandem 。これはカベルネ(80%)とコット(20%)使用のブレンドワインです。酸味もあり、野いちごの甘い風味もあり、とてもデリケートでエレガントな味です。

最後はソビニョン100%の、ブラン・ド・パイユ−Brin de Pailleで閉めました。ブラン・ド・パイユとは藁1本という意味。名の通り、透き通っていて綺麗な薄い黄色のワイン・・・これで濾過(フィルトラシオン)もしていないなんてビックリ!

ワインのおつまみに出てきたヤギのチーズ!
フランス人はこのチーズが本当に大好き!
食卓には結構出てきます!

酒壱番の金子さんの真面目なワン・ショット!ワインのご感想はいかがですか・・・・?

ジェイ・アール・フレッシュネス・リテールの金田さんのちょっとカッコいいショットです!

BMO の山田さんの説明を懸命に聞く産直の五嶋さん。お味の方はいかがでしたか?

お客さまからのプレゼントで、お月様の形をした飾り物!
このドメーヌにピッタリです!
色々なプレゼントを貰って少し照れ気味のクリストッフ。

そして彼の家にはこんなに可愛い子猫がいました!
本当に可愛い〜〜!
クリストッフは『連れて帰ってもいいよ!』と・・・
是非次の機会につれて帰りま〜す・・・!

BMOの桐谷さんも大の猫ちゃん好きです!彼女自身も飼っているだけあってメロメロでした!

産直の中島さんも落とさないように大事に抱えていました!

ラ・ルノットのワインが飲める / 買える店はこちら:
トロワザムール

ラ・ルノットのワインが買える店は、BMO株式会社までご連絡いただければ、ご紹介いたします:
BMO 株式会社
TEL : 03-5459-4243
MAIL: wine@bmo-wine.com