ラ・リュノットから、クリストッフさんが参上!

今日はパリの事務所にロワール地方で醸造している
クリストッフ・フシェさん*Christophe Foucherが来てくれました!

2008年ヴィンテージの試飲、
そして2009年のヴィンテージに付いて熱く語ってくれました!

とりあえず2009年から始めます!

『2009年はとても綺麗な年!熟成した完璧なブドウを収穫できたし、品質は最高!今はまだ醸造中なので決定的なことは言えないけれども、綺麗なワインが出来る事を祈っているよ!』と笑顔で説明するクリストッフ。

しかし、コットの品種が植えられている区画は雹が降ってしまい、3年連続収穫出来ず・・・
そしてガメイの区画の一部もやはり天気のイタズラにより少々ダメージを受けてしまいました・・・
しかし厳しい選別を終え、ロゼ用に復活!


『今年は他の地方では、早めに収穫が開始したようだけど、家の方では前年と同じタイミングだったよ。しかもまだ終わっていないしね!今週の金曜日が最終日。貴腐ワイン用のソヴィニョンを収穫するんだ!』と1ヶ月間の収穫をやっと終えるクリストッフ・・・!

『2009年は熟成度が高いので、2008年に比べ、醸造も熟成も長い期間すると思う。2008年は熟成度が低く、天候も最悪だったので、飲みやすいフルーティーなワインに仕上げたけれども、今年は去年出来なかった厚みのある、しっかりとした骨格が味わえるワインも造る予定です!』と気合を入れた答え!!

~~ここで2008年試飲開始!~~

ル・プランタン2008*Le Printemps 2008

品種:ガメイ・タンチュリエ85%、コット15%

とにかくフルーティー!!
とても飲みやすく、本当にぶどうジュースのような喉越し!
香りはイチゴなフランボワースのような赤フルーツ。
そして口に含むと、甘さがファーと広がります!
酸味もあり、綺麗なバランスのワイン。
イギリスアメのような美味しさです!

プチト・ヴィーニュ・ソヴィニョン2008*Petites Vignes Sauvignon 2008

品種:ソヴィニョン100%

とにかくエクゾティック・フルーツ!
口の中に長く残る美味しい甘さが印象的!
フィナーレにはピリッと感じるレモンのような酸味・・・
あと一口、もう一口と味見が止まらなくなってしまいます!


プチト・ヴィーニュ・ガメイ2008*Petites Vignes Gamay 2008

品種:ガメイ100%

これは複雑感が漂ってくるワインです!
彼曰く、土のような香りとフルーツの香りが綺麗にマッチングしているワイン!
10ヶ月間熟成されたこのキュベは少しピノのような香りもするような・・・そしてさっきまでは、フルーツが印象強かったのに、このワインはスパイシーです!


そして最後にキュベ・トリオ2008*Cuvée Trio 2008
まだ出来上がっていないので、試飲は出来なかったのですが、
2008年のトリオはムニュ・ピノとソビニョンが半分半分!
品種は2個しか使用していない・・・・じゃあ何故トリオ?!と聞いたら、照れながら
『いや、僕的にはヴィンテージも入れてトリオなんだ・・・』って恥ずかしそうに教えてくれました!

La Lunotteのワインについてのお問い合わせは、こちらまでお願いします:
BMO 株式会社
TEL : 03-5459-4243
FAX:03-5459-4248
MAIL: wine@bmo-wine.com
http://www.bmo-wine.com