究極の自然人!オリヴィエ・クザン

強い信念・人・馬・畑・葡萄・土壌が一体化している。

オリヴィエの生き方そのものがロワール地方の自然派全体の環境を造っている 


                
金銀名誉とは無縁の人物だ!全く興味がないと云った方がよい。
生活できて底抜けに明かるいクレールがいれば良い。
余分な貯金は持たない主義だ。
表に出ることなく、裏で多くの自然派を支える行動をしている。
数年前まではニコラ・ジョリのビオディナミのプレパラッション・調合剤の準備などは実際にはオリヴィエが手伝っていた。
また、マーク・アンジェリーなどの馬での耕作作業・馬の調教などをオリヴィエが援助していた。
若手には畑を与えて独立させたり、心理的、物理的援助を惜しみなく提供している。

そして、何より大切なことは、健全な家族生活を送っていることである。底抜けに明るく美人奥さんクレール、長男バティスト、娘マティルドの4人家族である。実に明るく健全な家族である。オリヴィエの家にはいつも人が集まってくる。開けっ放しの家だ。
単なる変人ではない。立派な常識であり、偉大な人だ。

長男バティスト、娘マチルド

強靭な精神力、人間的スケールの大きさ、許容範囲の広さ、多くの人を魅了


まるでサムライのようだ。
農業人としてワイン協会と裁判で争っていることがある。
もう10年近く争っている。裁判費の面で苦労している。
最初は10人ぐらいの栽培農家が一緒になって戦っていたが今では他の人達は諦めて引いてしまった。オリヴィエだけが
戦いを続けている。そんなオリヴィエを支えているのが底抜けに明るい奥さんのクレールだ。クレールはそんな諦めないオリヴィエを励ます為に、10月1日の誕生日に『サムライ』について書いてある本をオリヴィエにプレゼントした。
あなたのやっている事は“正義と誇りの為に絶対に諦めないサムライ”のようだ、と励ましている。
収穫終了直後の訪問
収穫が終わって間もないころの訪問だった。アポイントをとって訪問しようとしたが、電話が通じない。飛び込みで行くしかない。突然の訪問となったが気持ちよく迎えてくれた。
一週間前に09の収穫が終わって、醸造所ではまだ発酵中のタンクや樽の世話で忙しい。今年はアメリカのシアトルからワイン造りの勉強に来ている女性を教育しながらの醸造だ。


忙しそうに歩いているオリヴィエをマルティーヌ・ブリアン村の道で見つけた。
伊藤 『オリヴィエ!』
オリヴィエ 『『オオ!伊藤じゃないか!元気かい?突然の訪問か?』
伊藤 『『一週間前から10回以上電話しているよ。一度も出ないじゃないか?』
オリヴィエ 『そうだったか!?収穫中と醸造中は一切電話を取らないことにしているんだ。すべてをワイン造りに集中している時期だよ。電話は事務所にあるけど、事務所には一回も行ってないんだ。
でも今朝、何故か日本のティーシャツを着たんだ。伊藤が来ることを無意識に予想できていたんだな。』
日本に行った時買った“相撲”のTシャツを着ていた。
てなあいさつをして醸造所に入る。昨夜は娘のマチルドの21歳の誕生
日で家族と友人達とまだ収穫後オリヴィエの処に滞在している人達と大宴
会をやったらしい。皆目がまだ赤く二日酔いの様子だった。

2009年の品質は?

葡萄はよく熟した。葡萄は小さく果実の濃縮度が高い。何より健全度が高く
選別する必要が殆どなかった。品質は2005年に似ていると思う。
量は去年よりは良い。08年25HL/H,09年は35HL/Hだった。
去年よりは良いけど普通年に比べるとやや少ない。

発酵槽から取り出した葡萄

今年のカベルネ品種の品質が特に素晴らしかった。
今年はカベルネ・フランは半分がグラップアンチィエール(除梗なし)だ。トロンコニックの木樽にてセミ・マセラッション・カルボニック方式で発酵している。

果実味が一層に強いスタイルにできそうだ。
グロロ品種の熟度が特に高かった。
16度までいっていた。今年はグロロ・ロゼの甘口が素晴らしくなるだろ。ペチィアン・ロゼも今年は素晴らしい品質だ。

次は地下で樽熟成中のワインの試飲
2007年のカベルネが寝ている。

細かいタンニンに自然派独特のホワッとした果実味があり、軽めのアルコール度数で一本は軽く飲んでしまいそうな美味しいワインだ。

人・馬・畑・微生物・土壌が一体化

オリヴィエは3頭の愛馬を持っている。
ジャケール、ロメオ、キキィだ。骨太で筋肉馬だ。
6ヘクタールすべてを馬で耕している。近所の農家の畑までやってしまう。
オリヴィエが馬と畑に入ると葡萄木達も喜んでいるのが分る。耕された畑、土も生き生きしている。
土壌中の微生物達も酸素を提供されて活性化しているのを感じる。土の心地よい香りが日光と共に立ち上がってくる。人、馬、畑、微生物、土壌が一体化したシンフォニーだ。何という調和感だろ!
足元からエネルギーのようなものを感じる。

オリヴィエのワインには地球のメッセージと元気が!

湯気のような熱気が土壌から沸き上がっている!こんなエネルギーの充満したパワーポイントで育った葡萄で造られたワインだ。天と地と人、すべてのエネルギーが詰まっているワインだ。本当に、本当に貴重なワインだ。ピュアな濁りのない生き方をしているオリヴィエのワインには地球の声が聞こえる。
地球は人間にメッセージを送っている。
地球のメッセージを聴いてほしい!
46億年の地球がたった50万年しか歴史のない人類
に進むべき道を示唆して、健全な人達がより元気になるようにエネルギーを送ってくれている。
オリヴィエのワインには仕事や人生ですさんだ意識と感情を再生できる力を備えている。エネルギー飲料だ!
天と地のエネルギーの塊だ!そんなワインです。

人全員で昼食の準備だ!

暖かい心のこもった昼食会だ!

皆で自家栽培の野菜を掘り起こして、ジャガイモも自家製だ。オリヴィエは牛肉の準備。

そして暖炉に火をつけて葡萄の枝を燃やして炭をつくり、その上で炭火焼きだ。


オリヴィエの家にはいつも誰かが滞在している。栽培や醸造の手伝いの為にやってくる。

昨日、21歳になったばかりのマティルドが微発泡のラ・クジーヌをテーブルにボトルを立てたままでサーブル・オープンをした。
爽やかな発砲が心地よい。アペリティフに楽しんだ。
素晴らしい一期一会だった。


Olivier Cousin のワインについてのお問い合わせは、こちらまでお願いします:
BMO 株式会社
TEL : 03-5459-4243
FAX:03-5459-4248
MAIL: wine@bmo-wine.com
http://www.bmo-wine.com