それぞれの思いを持ってここアルザスに集まった!!

ALSACEワイン見本市Les Vins Liberes レ・ヴァン・リベレ-NO5

各国のワインバイヤー、欧州中の著名ワイン屋、ワイン愛好家、ビストロ経営者、ソムリエ、造り手、アルザス・ワインへの期待度は大きい。

それぞれの思いを満足させてくれるワイン見本市だった。
クリスチャン・ビネールChristien Binnerをはじめアルザス醸造家達の献身的なサーヴィス、組織運営には感動した。

19:00時からは中庭でアペリティフ大会。
生バンドが演奏する中で、集まった人達がそれぞれ交流する大切な時間。

21:00時から地下の大広間で400人程の大宴会。
アルザスで今話題の1星レストラ「ラルシュミーユ」L’ALCHEMILLEのジェローム・ジェグルJérôme Jaegleシェフがスタッフを連れて腕を振るってくれた。
そして、サーヴィスはアルザスの醸造家全員が担当して我々にサーヴィスしてくれた。
これも初めての試のみ。
普通,参加者が長い列をつくって何時間も待つのが通例。
流石!アルザスは組織のチームワークが違う!!

宴会中も世界各地からの参加者同志の活発な交流を行なわれた。
お互いに本物ワインを販売する立場同志、本当に有意義な意見交換が行われた。

人が集まればエネルギーが生成される。全うなワインを中心に人と人がどんどん繋がっていく。
健全なワインは世を変えていくエネルギーに満ちている。
人をも変えていく。

今、フランス中のどこかで毎週末こんな自然派ワイン試飲会が開催されている。
最後は必ずディスコになる。
毎日、畑で頑張る醸造家もたまには発散する。
朝、5:00まで続いたとのこと。

夜もふけた。私は早目に。 有難う。 Merci pour Manifique soirée!! Merci Jérôme!!
Merci les vignerons Alsacienes !!