Christophe PACALET クリストフ・パカレ、             夢に描いた沖縄に上陸!

Bistro Montmartre ビストロ・モンマルトル/ Christophe Pacalet      クリストフ・パカレ-NO3

クリストフはずっと前から沖縄に来たかった。今回、その夢が実現した。
クリストフは若い時に料理人として修業していた時に、イヴ・カンドボルドとも働いたこともある。
イヴさんはマルセル・ラピエールの親友でもあり、家族のような存在。

植村シェフがイヴ・シェフのところで修業していたこともあり、クリストフにとっては遠い親戚に会いにきたような感じ。
そこで、今夜はボジョレの会。感無量のクリストフ。

若い頃、ヤンチャだったクリストフに料理人としての修業を強制的に指示されて、当時有名だった数か所のビストロにて修業。お蔭で料理人としてフランス領の太平洋の南の島で数年間働いた。フランスに帰国してマルセル・ラピエールの協力を得て醸造元を設立。そして、今夜、ここ沖縄で醸造家としてワインの説明をするクリストフ。

  

植村シェフは、この機会に大切なお客さんを招いてスペシャル・ディナー。
ビストロ料理に気合がはいる植村シェフ。

  

相変わらず、クリストフのワインにドンピシャリの料理を出してくる植村シェフ。
ボジョレワインのように、シンプルでありながら内容のあるトビッキリ美味しいもの。