すべてが可能になるDomaine du Possible …………… ドメーヌ・デュ・ポッシブル、Loic Roureロイック・ルール NO1

Salon de vin “Indigenes” ワイン見本市“アンディジェンヌ”Part-17


ロイックは2002年にルシオン地方にやって来た。2003年よりワインを造っている。
ロイックはワイン造りがしたくて、フランス中で葡萄園をさがしていた。
ルシオンにたどり着いた当時、土地代が安くて驚いた。1ヘクタールが20万円ぐらいで買えた。
しかも100歳級の古木の葡萄園だった。
当時はルシオンのワインは全く売れなくて農園の倒産が相次いでいたのだった。

ルイックはお金もほどんどなかったけど工面して2h程買ってしまった。
でも醸造所はなかった。
(写真は2005年当時の私と二人)

2年遅れてドメーヌ・ル・ブ・デュ・モンドのエドワード・ラフィットがやってきた。
二人とも醸造所を探していた。
ランサック村の農協が倒産して建物がフリーになっていた。
二人で共同で借りることにした。

ロイックにあったのは、ワイン造りがやりたいというPASSIONだけだった。
こうして、正式に醸造元を立ち上げに成功。
不可能だと思っていたことが可能になった。
だから、DOMAINE DE POSSIBLEAと名付けた。
二人で一つの国を造って独立宣言した。国民2人。
国の名前は“JAJAKISTAN”ジャジャキスタン、二人のカートンにはMADE IN JAJAKISTANと明記されている。