皆の憧れジャンフランソワ・ニック Les Foulards rouges           Indigenesアンディジェンヌ試飲会 -No3

 

2000年台前半、カタルーニャ地方に自然派ワイン醸造家が一人も居なかった。
ジャンフランソワは果敢にスペインとフランスの国境近くの元農協の建物を買い取り2002年に醸造所を設立。
以後、ジャンフランソワ・ニックを追うように多くの若者達がここルシオン地方にやって来た。
惜しみなく栽培・醸造のアドバイスをして彼らを育てた。
比較的、無口で謙虚な人間性のジャンフランソワは師とか先生と言われるのが嫌い。
家族のように、必要な時に必要な事をドンピシャリとアドバイスする。
例えそれが困難なことでも、必要な事は真っ直ぐに伝える。
自分自身が色々な困難を乗り越えてやってきたから躊躇はしない。
だからこそ、皆から尊敬される。

次世代のカタルーニャ地方の自然派のリーダーになるであろうこの二人も自分のワインを
ジャンフランソワ・ニックに飲んでもらって意見を聞きたくてジャンフランソワのテーブルにやって来る。
オリオル・アルティギャスOriol・Artigas、コスミックCosmicのサルバドール。

 

今は息子も娘も醸造元に加わって充実した仕事が可能となっている。
ワインの品質は、細かい作業の積み重ね。毎年100%やりたいことができる年は少ない。
人が加われば色んなことが可能になる。
このレベルになるとプラス・アルファは大きな改良要素になる。
フランスでは単なる従業員でなく家族であることはトビッキリ重要な事。
ますますワインが美味しくなっている。
熟練した者しか出せない味覚、透明感、色は淡いけどミネラルがスーット伸びてくる、絶妙の果実味。イヤー、旨い!!