愛情タップリのLa Remiseラ・ルミーズ- NO3

★Ivo et Julieイヴォとジュリ日本より生還★

この2人、日本から帰ったばかり。まだ、日本の香り、ピオッシュのパルファンが残っている。
Escarpoletteエスカルポレット醸造のIvoイヴォ
Julie Brosselinジュリ・ブロスラン

この二人、日本出発の前夜、レストラン、ビストロをハシゴして最後に林さんのピオッシュに行った。
それだけは避けなければならないことをやってしまった二人。

当然、朝帰り。目覚ましをかけたけど、無意識に消した。
目が覚めたのが、飛行出発時間のほぼ一時間チョット前、即飛行場に駆けつけて何とかギリギリで飛び乗った。
イアー、危なかった!と目を大きくして話していた。
二人ともまだ日本から昨日着いたばかりで流石にチョットお疲れの顔。
(特にジュリーは睡眠時間を最低8時間が必要なタイプ)

  

今日は別々にスタンドを設けてやっていた。でもIvoのスタンドにはジュリのワインも置いてあった。

★La Petite Pépée ラ・プティトゥ・ペペ(Escarpoletteエスカルポレット醸造)

イヴォのワインで面白いは、グルナッシュ・ノワール品種を直プレスで絞って発酵させたBlanc de Noirが面白い。
ほのかに色がでていてややオレンジっぽい。8月に収穫して酸を残している。
どことなくタンニンらしいものを感じる。ユニークな白

    

★Mata Hariマタ ハリ(Julie Brosselinジュリー・ブロスラン)

日本語のような名前。意味は聞いたけど忘れました。誰かが答えてくれるでしょう。
グルナッシュ・ブランのマセラッション。美しいオレンジ系黄金色。
タンニンもあり、スパイシーな料理、カレー風味、サフラン風味、パエリャにもいいでしょう。

この二人、常に何か新しいワインへの挑戦・試作をやっている。
Montpeyrouxモンペイル村には、ラングドックワインを大変革させた偉大なるレグリエール醸造のコメイラスさんが居た村。
その変革精神は、今もなお次世代のIvoイヴォ達に引き継がれて、次々と新しいイノベーションが行われている。