Les Vins des Moines ヴァン・デ・モワンヌ 1998年

(Vin de Cannes)
この時期、毎年ワイン部屋の整理をする。
掘り出しものがでてくる。
こんなボトルが出ていきました。

カンヌの街の沖にレランス島がある。
20年前はまだ本当に修道僧が栽培して、修道僧が素朴に造っていた時代のワインです。

地中海に浮かぶ本当に美しい島です。
修道院しかない島です。

いわゆる、お神酒です。

残念ながら幻のワインです。
(今は全く違うスタイルのワインになってしまいました。)
あの美しい景色がうかんでくる。
ワイン醸造担当していたFrère Marie マリー修道僧の澄んだ目が浮かんでくる。
素朴なままのワインの方が、お神酒らしくて、良かったのに、外部の醸造士が入ってテクニックワインになってしまった。
まことに、残念なことだ。