食の街LYONのサムライChef, Katsumi石田シェフ

Restaurant En Mets fais ce qu’il te plait
                 オン・メ・フェ・スキル・トゥ・プレ

7月の猛暑の日に石田シェフの店へ。なんとこんな豪華メンバーで行った。
前夜はジュラのサムライ醸造家Kagami Kenjiroさんのところ、夜中まで20名程の晩餐会をやった帰りだった。

Valenceヴァランスの星レストランCachetteカシェットのシェフMasaさんの料理で、食べて、飲んでの至福のひと時を終えた翌日の昼食。

 

ジュラ地方よりRene-Jeanルネ・ジャンとマサさんと同じ方向に移動という事で、『じゃー、Katsumiさん
とこで昼をたべよう!』ということでやって来た。

昨夜に飲み食いしたものもまだ消化してない状態だった。

それでも、石田シェフの料理はスーット胃袋に入っていった。
凄い料理だ。
石田さんの夏の料理には、特に“酸”と各種のスパイシーが素材の調和されて、スーッと入ってしまう。

    

エー、もうダメだ、と思っても、出てくると入ってしまう。
まるで自然派ワインみたいに入っていく。

ワインはどんなに疲れていても、どんな料理にも合わせやすいアクセル・プリュファーAxel Pruferの
アヴァンティ・ポポロAvanti Popoloを開けた。

  

驚きの料理のあとは、楽しい延長戦。
今日は昼でもあり、昨夜の残アルコールもあって短い延長戦だった。

ヤー、元気が出てきました。
さあー南仏まで一っ走り。
ありがとうございました。Katsumiさん。