孤高の醸造家 Nicolas CARMARANS                  ニコラ・カルマランのワイン

   

フランスで最も美しい村が点在するAveyronアヴェイロン地方にある。
フィロキセラ以降、葡萄園が再生されないで絶滅していた村が家族の原点。

この地方は冬は寒すぎて全く仕事も活動もなくなるので、
昔からパリに出稼ぎに出ていたほどの小さな村。
働き者の彼らの多くは、稼いだ資金でパリにカフェやビストロを最終的に経営する人達が多かった。

ニコラの家系もそうだった。 ニコラはパリで最も早い時期に自然派ワインを提供していたCafé bistorot Nouvelle Mairieヌーヴェル・メリーを経営していた。

ある時、ニコラは決意した。家族の原点の村に戻って葡萄園を再生すること。
全く観光もなく人が行く理由が殆どないところである。低い山間の奥地の村である。
パリのBistrotを売却して2003年よりワインを造りはじめ、2007年に完璧に移り住んだ。

★MAXIMUS マキシムス★

  

現地に現存していた品種 Fer Servadou フェール・サヴァドゥ、世界に2300本しかない希少な品種を除梗なし、
セミ・セラッション・カルボニック醸造、勿論、自生酵母のみ、SO2添加なし。

な・なんと美味いのだろう!涼しく、心地よい、スーット体に沁み渡っていく感じ。
ありがとう!と云いたくなるワイン。
今夜は、Parisオフィスで独りのみ。独りで感動!! 誰かに伝えたい!!

あの美しい葡萄園の景色が心に浮かんできた。
もう少し暖かくなったらニコラに逢いに行こう。あの葡萄園に座って、時を忘れてあの景色を眺めたい。

  

日本では、イーストライン社がインポートしています。楽しんでください。