16年産の一部とアルコール発酵が終わって樽に入ったばかりの17年産の利く

(Dominique DERAIN 醸造、SEXTAN セクスタン醸造、Bourgogne-Saint Aubinブルゴーニュ、サントーバン)

この時期に来ると瓶詰前の16年産の一部と、発酵が終わった樽に入ったばかりの17年産の二つを比較試飲できる。
ダジャレを連発して笑わせるドミニック、その横いつものダジャレを薄笑いしながらモクモクと自分が醸した17年産を真剣に検証試飲を続けるジュリアン。この二人は名コンビだ。

    

熱心なRebeccaレベッカさんは、このドゥランのミネラルがきいたブルゴーニュが大好きだ。
16年産と17年産をどうしても試飲したかった。あまりにもの美味しさにレベッカもバーバラも驚く。

16年産も素晴らしいできだった。17年産は更に充実していた。
色は薄めなのに、液体の旨味、酸とミネラル、果実味のバランスが絶妙な繊細さであった。
ジュリアンの醸造センスが光っている。
ピノのダイレクトプレスのロゼ、白の軽いマセラッション。

  

ジュラ方式の手で除梗の葡萄粒丸ご発酵など、トビッキリ美味しい。
ウーン、Magnifique!!本当に素晴らしい!!