マルセル・ラピエールの研修生と云えばこの人 “Hiroshi”

クリストフ・パカレ曰く
『マルセル・ラピエールの研修生で最も沢山のワインを飲んだのはHiroshiだ!』
『飲む時間帯になると必ずその場に居たのがHiroshiだ』

岡田hiroshiさん、いつもニコニコ顔でフランスでも多くの醸造家、シェフに愛されているシェフ。
フランス・ビストロ料理の神髄をキッチリ再現しているシェフ。
クリストフと一緒にいて、ここ来ない訳には行かない。
セミナーが終わった夕方、寸暇を利用してアペロをやりに飛ばしてbistro OKADAにやって来た。

   

HIROSHIさんは、フランスのBistronomieビストロノミのレジェンドYves Camdebordeイヴ・カムドボルドがやってたラ・レガラード“LA REGARADE”で、修業して来たシェフだ。
ビストロノミとは、1992年にパリにイヴさんが開いたビストロ ラ・レガラードの料理のスタイルのことを当時のジャーナリストがBistronomieビストロノミと呼んだ。連日連夜、満員のセンセーショナルなビストロだった。
新鮮なテロワール素材を使って、偉大なフレンチ料理の神髄を簡素なビストロのテーブルの上の表現した料理。
勿論、そんな料理に合うのは自然派ワインに決まっている。

    

そんな料理を東京・広尾で忠実に再現しているのがBISTRO OKADAだ。美味しいよ!

    

岡田シェフは時々フランスにやって来る。来た時は必ずラピエールとクリストフ・パカレのところにやって来る。