STCメンバー、                               クリスト・パカレのボジョレ・ヌーヴォーを利く

まだ仕込み中のヌーヴォーを日本人で最も早く利く。
圧搾機で絞って間もないヌーヴォーは、アルコール発酵の真っ最中、まだ糖度が残っている
でも、果実味の濃縮感、フレッシュな酸などはこの時期でも判別できる。

今年は、12から12.5度前後で軽やかで繊細な果実味のグイグイいけるヌーヴォーになりそう。
普段ワインを飲まない人でも、一挙にワインファンになってもらえそうなヌーヴォーになりそう!!

  

小売店の皆さんは日本に報告しなければならない。
写真をとってその場で日本に送付。
凄い時代になったものだ。
東京の豊洲にあるAOKIではもうヌーヴォー予約を開始している。
蔵から即日本へ、ヌーヴォー試飲のコメントを送る。

大阪、パントリーなどを展開する大近社の木村さんは、物凄い予約数を目標にしている。
即、情報送付。

 

八丈島の山田屋さんも気合が入る。人口7500人の島民の皆さんが山田さんの情報を待っている。
愛知県田原市の渥美フーズの皆さんも気合が入る。

 


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /homepages/37/d650736798/htdocs/clickandbuilds/ClubPassionduVin/wp2016/wp-content/themes/portal/single.php on line 144