テースティング Eric Kamm –NO6

蔵に戻るとお父さんがテースティングの準備をして待っていてくれた。息子が4年前より自然派ワインを造り出したことに、一言も口を出さずに全面的に協力しているお父さん。

★A Chacun Sa Bulle ア・シャッカン・サ・ビュル2016(Petillant Nature 微発泡酒)

ピノ・グリ品種
リースリング品種
自生酵母のみ。So2添加ゼロ。
花崗岩からくるキリットしたミネラル感、花崗岩質で育つリースリングのグレープフルーツ系の爽やかな酸、ピノ・グリの控えめな果実味が細かな泡と素晴らしい調和。
グット冷やし最高!!
  

★Auxerrois Nature オクセロワ・ナチュール 2016

自生酵母のみ、So2添加ゼロ。
砂岩土壌で育ったオクセロワール品種。
シャルドネの従兄品種といわれている。
酸も比較的に穏やかで、すべてが優しく飛びぬけたものがない柔らかさを備えている。
繊細な和食にピッタリ。

★Terre de Volcan テール・ド・ヴォルカン 2014

アルザス一体が火山地帯だった頃の火山灰が固まった土壌。
ピノ・グリ品種
自生酵母のみ、SO2添加ゼロ
樽発酵、樽熟成18カ月。
やや燻製香があり、酸とミネラル感がハッキリしている。
魚介類の焼き物の合いそう。