樽からダイレクトに17年産を14種類テースティング

村名からプルミエ・クリュ、そしてグラン・クリュ畑までなんと18種類を試飲させて頂いた。
フィリップのブルゴーニュのパッファン(香り)はパカレ風味と云ってもよい独特なものがある。
シソウの葉とイチゴの中間的な風味。これはプリューレ・ロック時代から共通している。
 

村名
Ladoix , Pommard
Nuits St George
Gevrey Chambertin

17年村名にしてエレガント、やさしいピノ。ポマールは開いている。
ニュイは涼しい、やや硬い。
ジブリーは石灰質のより強さ、ミネラリーさがある。

一級畑
Aloxe Corton Premier cru
Pommard Premier cru
Chambolle Musigny 1er Cru
Nuits Saint Georges 1er Cru Aux Argillas
Corton les Bressandes

フィリップのコメントを聞きながらのテースティングは実に面白い。
造りはすべて同じ、違いはテロワール土壌のみ。
一級畑は、レベルが違う。上品さが出ている。
酒質の強さも土壌からくるものと、太陽からくるものの違いを飲みながら説明してくれる。

特級畑
Clos de Vougeot Grand Cru
Echezeaux Grand Cru
Ruchottes Chambertin Grand Cru

特級畑のものは、もう今でも上品で、エレガントで、ミネラリーで別格の品質。
エシェゾー、ルショットなどは、ロック時代の特級の風味を備えながらも、フィリップ自身の進化が
見事に表現されている
エモーションが伝わってくる。これぞ、ブルゴーニュ!!
自然派だとか、ブルゴーニュだとか、飲み物としてこんな液体、エネルギーを感じながらエレガントな
スタイルを醸せる人は何人もいない。
和の世界のトビッキリ上品な食の世界と合わせてほしい。

他の地方
Cornas.
Côtes Rotie
フィリップは気候変化の中、ブルゴーニュ以外のテロワールで自分の技を試してみたく、
いろんな挑戦をやっている。
この経験が今のブルゴーニュにも生かされている。
いつも留まることを知らないフィリップがここにいる。
ブルゴーニュ手法をもって造るコート・ロッティ、コルナス、フィリップにかかるとここまで
上品になってしまう。


Corton Charlemagne
最後に白、コルトン・シャルマーニュ、よく熟したシャルドネ、北側斜面に近いのでどんなに熟しても
酸がのこっている。

ロック時代からずっとおって来た柳沼さんも感激のテースティングでした。
柳沼さんは、日本八芳園を基本に多くのレストランのプロデュースに関わっている人。
今、和食に合わせるワインを物色中、このテースティングにいい発想の契機になっていただければ
幸いです。

(17年産の白はまだ発酵中、テロワールの音を聞く柳沼さん。)

 

途中からアメリカの熱狂的なパカレ・ファンも合流してに賑やかなテースティングとなった。

Merci Philippe. ありがとう、フィリップ!

  

Dégustaion directe, 14 cuvées en 2017

Des Lieux-dits,passant les Premiers Crus,aux Grands Crus. Au total nous avons dégusté
les 18 vins.
Le parfum de Philippe en Bourgogne est caractéristique, mélange des feuilles de Shiso et
des fraises depuis l’époque de Prieuré Roch.

Les Lieux-dits en 2017 sont élégants avec une douceur du pinot. Le Pommard est ouvert.
Les Nuits St Georges est frais et légèrement ferme. Le Geverey est calcaire,plus costaud et minéral.

La dégustation avec les commentaires de Philippe est très intéressante.
La même vinification mais le terroir différent.Les Premiers Crus sont plus élégants.
Il nous explique la différence entre la force du vin provenant du terroir et celle du soleil.

Les Grands Crus sont déjà élégants, raffinés et minéraux.
Les Echezeaux Grand Cru et Ruchotte Chambertin Grand Cru gardent toujours un parfum de l’époque Roch et expriment parfaitement une évolution propre Philippe.
On sent son émotion, c’est tout à fait le Bourgogne!! Peu de gens connaissent faire un tel vin prestigieux et élégant dans le Vin Nature Bourgogne.

Un conseil de les boire avec la meilleure cuisine japonaise bien raffinée.
Malgré une intempérie, Philippe défie toujours essayant son art dans les autres terroirs à part en Bourgogne. Ses expériences apportent une valeur en Bourgogne.

Philippe avance toujours plus haut. De sa manière bourguignonne, même les Cornas et Côtes Rotie donnent un vin élégant.

Enfin le blanc Corton Charlemagne du chardonnay bien mûr garde toujours un peu d’acidité
à cause du côte nord.

M.Yanaginuma, qui connaît bien longtemps Philippe et Roch, est très étonné et touché à la dégustation Pacalet. Il produit beaucoup de restuarants à Nipon Happoen et ailleurs. Actuellement il cherche le vin pour la cuisine japonaise préstigieuse.
J’espère que cette dégustation lui donnera une inspiration pour son exploitation.

Pendant la dégustation, les funs américains de Pacalet sont venus et l’ambiance est plus animéé et vive.

MERCI PHILIPPE.