フィリップ・カリーユ、35年のワイン造りを熱く語る

Par Takeshita

特にこの数年の雹害、霜害、病害などの苦しい年を乗り越えて、ワイン造りへの考え方が変わってきている。テクニックではなく、テロワール。
凝縮度ではなくビュバビリテ、ミネラルと酸、そして環境保護の観点からのワイン造り。
そして最終的に答えはグラスの中にあると。
喜びを与えるのがワインだと。
カスティヨン、サンテミリオンのシャトー・プピーユのフィリップ・カリーユは、珍しく熱く、いいことを
2時間みっちり語りました。
モトックス大阪本社の皆さん、有難うございました!
これからもフィリップ・カリーユをよろしくお願いします!