遠くを見ている藤田社長(小松屋酒販・大阪)

  

藤田社長は15年前にフランス中のワイン産地を周った。
自然、環境を大切にして、妙な化学物質を使って、安易に表面の味だけを調えることをぜず、美味しいワインを造ることに命を賭けている造り手に感動した。これこれこそ“ほんまもんのワイン”。
自然派ワインに本格的に取り組むことを決意した藤田社長。

アンテナ・ショップ、ビストロを次々とオープン。
大阪の食を支える飲食店に自然派ワインを積極的に売り込んだ。

しかし、二つの壁があった。
1)自然派ワインは美味しいけど、価格が高い。一般の飲食店ではなかなか難しい。
2)自然派ワインを取り扱う自然派ビストロは、新しい話題のワインがあるとすぐ移動して、じっくりと取り組んでくれない。

藤田社長は、“食”の大阪を支える街角にある元気な飲食店に自然派を浸透させたかった。

★可能な限り自然で、安くて、美味しいワインが必要! もう自分で造るしかない★

スタッフをフランスに送り込んだ。
土地代の安いラングドック地方を選んだ。
400年前から一切化学物質が畑に入ったことがないドメーヌ・スリエと提携して会社を設立した。

そして、大阪中からコテコテ元気な飲食の人達にヨーロッパの現場を訪問してもらうことを決意した。
数年前から実行している。

★夢を叶える畑も購入した★

大阪からきた皆さんに自らの畑を歩いてもらった。
何故、自然に、美味しく、リーズナブな価格で造れるかを体で体験してもらった。

ここまで、コツコツと確実性を持って実行する藤田社長を尊敬する。
業務酒販店として、単に酒、ワインなど物品を販売するだけではなく、大阪の地場の飲食の人達と一緒になって
“楽しさ”“文化交流”などの“コト”を創造している小松屋酒販は凄い!!

私、伊藤、CLUB PASSION DU VINクラブ・パッション・ドゥ・ヴァンは、こんな素晴らしいことを実現しようとする企業を心から応援しています。