自然な造りに賭けて7年目に突入、更に改良・工夫が続く

Remi Dufaitreレミー・デュフェートル

レミーの絶妙なリーダーシップ。
レミーの収穫人の年齢層は若い人が多い。
チョット、強面の顔のレミーは若い人達の統制が上手だ。
蔵の中庭には、大きなテーブルを設置し、仕事が終わると皆で生ビールを飲めるようにしてある。
厳しい指示と、柔らかな交流を合わせながら、収穫をすすめている。
若い人達の動きも機敏で、適度の緊張感をもって仕事をしているという感じ。

今年の最も素晴らしいことの一つは、収穫後,直ちに発酵槽に入れられることだろう。
気温が低いので雑菌が繁殖の危険性がすくない。酸化防止剤(SO2)を醸造中に混入しない自然な造りには大切な事である。
何故いれない?勿論、畑で育った自生酵母のみで発酵させるから。いれると自生酵母の一部が死んでしまうから。

レミーの発酵槽はコンクリート槽が多い。2つのトロンコニック型の木樽槽が設置されている。
コンクリート槽は外気の影響を最小に抑えることができる。
木樽は醸造中から木目をとうして酸素に慣らすことができる。つまり還元を抑えることができる。
ホワッとした柔らかなタッチに仕上がりやすい。

今、このレミーの醸造所には何億という自然酵母が働いている。目には見えないけど、途轍もないエネルギーが発生しているのである。発酵は色んな微生物との接触のなかで、微生物学+物理学的世界の中で進んでいる。
すべてを人間が管理しようという発想から酸化防止剤(SO2)を混入して、直接必要のない微生物を殺して危険性を避けているのが、現代の一般的ワイン醸造界だ。

企業化して絶対に失敗を許されない状況下では、経営面からみれば決して悪いことではない。
でも、楽な方法では必ず失うものがある。美味しいワインはできても。感情まで使わってくるようなワインはできない。

リスクを負いながら色んなやさしい風味を備えたトビッキリ美味しいワインを造ろうとしている人達が私は好きだ。
ホントウの美味しさの中には諸々の微生物の力も関係しているのは当然のこと。
微生物とも共存しながら、改良と工夫を重ねている2017年のレミーのワインが楽しみだ。