友、フランスより来る、酢飯屋でソワレ

酢飯屋とル・ブー・ドゥ・モンド-NO1

Le Bout du Monde ル・ブー・ドゥ・モンド醸造の Edouard Laffitte エドゥワール・ラフィット親子
.Mon ami,Edouard Laffitte est venu au Japon avec son fils Matheus.
On a faite au restaurant spcieal sushi chez Sumeshiya.

フランス・スペインの国境近くにあるルシヨン地方から、我が友、エドゥワール・ラフィット親子が
やって来た。
エドゥワールは10年前に一度やって来た。10年ぶりの日本。
息子のマテウスは18歳で初めての日本。

初日からカルチャーショックを与えるために、ちょっと変わったエキゾチックな寿司を食べに酢飯屋にやって来た。
(東京文京区水道・江戸川橋にある。)

日本中からチョット変わった素材を集めて普通の寿司屋では食べられないネタがある面白い寿司屋で敢えて酢飯屋と呼んでいる。日本初めてのマテウスにはチョットカルチャーショックが大きいかも知れないけど、まあいいでしょう。

何故なら、寿司職人の大田大介さんは Le Bout du Monde ル・ブー・ドゥ・モンドのワインが気に入って、自分の寿司に合わせているからである。

まずは、来日祝いに、トビッキリ美味しいシャンパーニュで乾杯! 
繊細な和食に合わせられるシャンパーニュといえばもうこれしかないでしょう。
Jacques Lassaigne ジャック・ラセーニュ!流石の太田さんの選別眼。

    

山芋、ゆずの皮、その上に暖かいだし汁、かき混ぜて旨味タップリの中にもゆずの爽やかさ。
石灰質土壌のジャック・ラセーニュの昆布ダシ系の旨味シャンパーニュにドンピシャリ。

      

夜摘みの焼きのりをツマミにシャンパーニュをアペロであおるのもオツなもの。