ダミアンの収穫開始は、ボジョレでは最も遅い9月13日

Damien COQUELET ダミアン・コクレ2017年モルゴン村-NO2

ジョルジュ・デコンブ一家の一員のダミアン。長年お父さんと一緒に働きながらワイン造りを勉強してきた。
デコンブ家では葡萄はキッチリ熟してからの収穫が基本。今年はお父さんのデコンブと同じ9月13日に開始した。

9月初旬に降った雨のお蔭で、乾燥し過ぎていた葡萄実に水分が供給されて、光合成が活発になってしばらく時間を置いての収穫となった。雹による自然な青刈りとなって葡萄の房が少ない。
雹のショックで熟成がストップしていたので酸が残っている。
ここで収穫を遅らせて果実味、ポリフェノールが理想的に熟すのを待った。
雨から10日間ほど遅れて収穫を開始した。

もともと、ダミアンのスタイルは、果実味がタップリあって、タンニンも比較的しっかりしながら酸がビシっと利いている素晴らしいスタイル。
今年は、このスタイルがより強調された酸と果実味の熟度の差が大きく凹凸がハッキリしたスタイルになるだろう。
楽しみなミレジムになりそう。

今年も去年と同じポーランド人ファミリーが家族総出で収穫に来てくれた。
25名で約1週間ほど続く。
ポーランド家族のリーダーが先陣で収穫指導をしながら進めてくれるのでダミアンも安心。

雹の直後は全滅と思っていたコート・デュ・ピィが50%ほどのマイナスで済みそうなので、
やや安心のダミアン。
あの絶望の時は、ここまで回復できるとは思わなかった。
葡萄の生命力は凄いものだ。

独立して10年目にして、また新しいことを学んだダミアン。
ますます、これからが楽しみな醸造家だ。