Coinstot Vino コワンスト・ヴィーノでは醸造家呼んで      試飲会開催 NO1

数週間前の10月に10社程の普段からこのビストロで主力ワインとして扱っている醸造家達を集めて試飲会を開催。
美味しいワインを醸すそうそうたるメンバーが揃いました。
こんな凄い醸造家が集まれば、自然派ワイン大好きなパリジャンも大勢集まった。

  

コワンスト・ヴィーノの人気は勿論、オーナーのGuillaumeギヨムのワインの選別眼による。
それと、あのケヴィンが入ってから一段とワインの選択も充実してきて、かなりレベルアップしている。
この二人が合体してからはサーヴィスにも心地よい効果が出ている。
勢いのギヨム。静かなケビン。最近のコワンスト・ヴィノには、動と静の素晴らしいバランスの空気が流れている。

    

収穫、醸造が終わった10月に皆、息抜きも含めてパリにやっていた醸造家達。

★Bruno DUCHENE ブルノ・デュシェンヌ醸造★

ルシヨン地方からはBanyulsバニュルスの9cavesを立ち上げたリーダーのブルノ・デュシェンヌ、
バニュルスのシスト土壌の南とは思えないほどの爽やかさを持ったワインを醸すブルノ・デュシェンヌ。
 

★Clos Leonine クロ・レオニヌ醸造★

そして、バニュルスの隣村Argelesアルジュレス村からは、Leonin レオニン醸造のステファン・モラン
2005年に醸造所立ち上げた。花崗岩土壌からセミ・マセラッション・カルボニック醸造で醸す軽快で爽やかさなワインを醸す。もう一つのパッションは音楽、ギターとドラムをこなすステファン。
  

★Le Bout du Monde ル・ブー・デュ・モンド醸造★

同じくルシヨン地方の山からは、Le Bout du Monde ル・ブー・デュ・モンド醸造のエドワード・ラフィットも来ていた。
ローヌのカーヴ・エステザルグ農業組合にて醸造長を経験して、師匠のジャン・フランソワ・ニックを追って2005年にルシオン地方にやって来た。典型的な自然派ワインの果実味が全面にでた飲みやすいワイン醸す。
     

★Domaine du Possible ドメーヌ・デュ・ポッシブル醸造★

ルシヨン地方の山の上に畑。エドワード・ラフィットと元農協の建物を共有するロイック・ルール。シスト、グネス土壌から超自然な造りからスーット体に入っていく美味しいワインを醸す。願いがすべてかなうように、ドメーヌの名前はPossible。