年初め恒例のアンジェ・ソミュールの大試飲会も終了

南仏から始まった2週間に及ぶ自然ワイン耐久テースティング大会もディーヴ・ブテーイユを最後にすべて終了した。
休みなしでどれだけのワインを試飲したんだろうか。口中が荒れてきている。
日本出張から帰った翌日に南フランスのモンペリエに移動して、即アンジェに移動しての
テースティング。
一年に一回とはいえ、ますます試飲する量が増えていて、訪問者も増えていて、我慢大会のようなテースティングレースになってきた。

特に、2周目のAngersのエキサイティングな試飲は、体力と精神力の集中が必要だった。でも大変興味深いものだった。
それぞれの試飲会に特徴あり。

1) Les Pénitentes レ・ペニタント試飲会


参加蔵の規模は最も少ないけどペニタントは自然派の各地のトップクラス、大御所が揃っている。
レベル的には最もレベルが高い会場であるい。
会場のやや小さめなので人で溢れる会場である。朝一番に会場入りして混む前に大切なところを試飲する必要がある。

2) Saint Jean サンジャン試飲会


当初はニコラ・ジョリーがやっていたルネッサンス・デ・アペラッション試飲会だった。
つまりビオ・ディナミ農法のメンバーが主体の試飲会。
ビオ栽培が主体であり、醸造に関しては、あまり自然にこだわっていない蔵も多い。
最近では、このメンバーの中にも、自然な造りをする蔵も増えてきた。特に若手は自然な造りが多い。

3) Les Anonymes レ・ザノニーム


最も新進気鋭の若手が最も多い試飲会。ディーヴ・ブテイユやペニタントにも入れなかったり、自分から敢えて入らない若手がいる。自分達はもっと自由な発想でワイン造りをやっていきたいと考えている若手が多い。
毎年、初リリ-スの新人も何人かいる。

4) S.A.I.N サン


自然派グループで最も厳しい条件のもとで栽培、醸造ををやっているグループ。
今回はJerome SAURINYジェローム・ソリーニの蔵で極小規模の試飲会を開催。
ジル・カトリーヌ・ヴェルジェ、オリヴィエ・クザンなど自然派のレジェンドな蔵が集まっている。

5) La Dive Bouteille ラ・ディーヴ・ブテイユ


自然派の組織では最古参のグループ。ワインライターのシルヴィー・オジュローが主催する組織。
ラピエール醸造など自然派の初期よりやっている蔵が多く、上記の他の組織に入ってる蔵も重複してこのディーヴ・ブテイユに参加している蔵もいる。最も大規模な試飲会である。とても一日では周りきれない数の蔵が参加している。

――――――――――  ――――――――――――
どの試飲会も訪問客が多すぎて、試飲したい蔵のブースに近づくだけでも、かなりの時間がかかるほど混みようだった。
自然派が世界中に物凄いスピードで広がっているのが実感できる。

この急激な発展が、今まで和気あいあいでやっていた自然派グループの雰囲気が、ビジネス、ビジネスの利己的な世界のバイヤーが増えたことで妙な方向へ流されてしまう蔵元も出てくるのではないだろうか。

大金をもってビジネス、ビジネスで横取りしていく、あるいわ口八丁手八丁で純な蔵元を口説いて横取りしていく、バイヤーが増えてくるだろう。わが社の利益至上主義のビジネスマン的なバイヤーが増えてきている。

価格競争で他を蹴落としていくビジネスがこの世界にも出てくるだろう。
人間関係を大切にしながら本然的な関係で成り立っていた自然派の中に、いわゆる普通のビジネスの分野の人達が参入してきたと云える。

造り手も、販売する人も、飲む人も、人間的であること、人間としての生き方の哲学が大切な時代がやって来たと云える。
利益至上主義のビジネスの仕組みに流れていくと、この自然派の流れの“純”な大切な部分が無くなっていくだろう。

どのワインを、誰から買って、誰に売って、どんな風に提供していくか、どんな風に飲まれていくか、大切な時代が到来している。
自分のところに手に入りさえすればOKという考え方では、自然派の大切な部分が失われていくだろう。

これからが面白いし、遠くを観ながら醸造家、販売者、飲む人達がハッピーになるメカニズムを築きたい。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /homepages/37/d650736798/htdocs/clickandbuilds/ClubPassionduVin/wp2016/wp-content/themes/portal/single.php on line 144