15
Fév

世界で最も幸せな、醸造元ジャンピエ−ル・ロビノがPARISに

1月8日 ジャンピエール・ロビノがパリに出てきた。 昼食を一緒に食べた。 彼を見る度に“世界で一番幸せな醸造元”と呟いてしまう。 躍動感を体の芯からかもし出している。頭から湯気が出てるのでは、と感じるほどである。 フランスで自然派ワインを語る時、彼を抜きでは語れないほど重要な役割を演じてきた人物でもある。 数年前までは、パリで自然派ワイン専門ビストロを経営していた。 フランス第一号の自然派ワインビストロを始めた男である。 自然派ワインの歴史を最初から見てきた男である。と言うよりも自然派ワインを初期の段階から支えてきた人物と云った方がよいかも知れない。 つまり、マルセル・ラピエールなど自然派第一世代の人達がまだ全くの無名だった頃から、 せっせとパリで自然派ワインの啓蒙活動と販売をして彼らを支えてきたのである。 自然派ワインの生き字引みたいな男である。 だから、彼と食事を共にするのは、色んな話が飛び出してくるから大変な楽しみなのである。 そんな彼は、数年前にビストロを閉めてワイン造屋に転職してしまった。 場所はロワールのジャスニエールである。 自然派を知り尽くしたロビノが選んだ土地である、偶然に選択する訳がない。 ロワール地方でもさらに北に位置するにも関わらず、物凄いパワーを感じさせてくれるワインを造りだしている。 最初はフィリップ・パカレにアドバイスをしてもらいながら始めた。 流石がジャンピエ−ル・ロビノ!!と云いたくなるようなワイン素晴らしくミネラルなパワーと果実味を備えたワインである。 クリスマスが終わった翌日26日に、ロビノから電話が入った。 『ヨシオ、28日にパリに出るけど一緒に昼食でも食べないか?』と元気な声が飛び出してきた。 『樽で寝かしていたワインが出来上がって瓶詰めしたからもって行くよ』 そんな訳で本日28日、一緒に昼食をとった。 流石に自然派の生き字引、面白い話がポンポン出てくる。 記憶に残っている語録を、脈絡なくランダムに列挙しよう。 会話集 ロビノ『今の自然派を造り上げた人物は、第一にはやっぱりジルショ−ヴェ氏だな、でもショ−ヴェ氏には二人の弟子いるんだ。一人はフィリップ・パカレだ。これは皆知っているな。二人目はジャック・ネオポ−ルなんだ。80年代の後半は、彼がボージョレの醸造元に行ってジルショ−ヴェの教えを実践指導していったのだ。だからジャックの功績は絶大だ。 オ−、勿論、フィリップは素晴らしい。』 伊藤『ジャック・ネオポ−ルってどんな人物だったの?』 ロビノ『行動的な人間だ!でもジャ−ナリストが大嫌いだ!ジャ−ナリストが来ると裏口から逃げてしまう!だから表にでることがなかったんだ。ジャックがボ−ジョレを去った96年からボ−ジョレが変わってしまった、と感じるほどの人間だよ。』 伊藤『今度紹介してよ!一緒に飯でも食べよう!』 オビノ『それはいいね!』 ーーーーーーーー ロビノ『今のAOCはタダの紙切れだ!あんまり価値がない。コミニケ−ションが全く無い。ビオロジック認定協会もだんだん似てきた。あまり価値が無くなってきた。』 ーーーーーーーー ロビノ『自然派のワインは、変化が激しくよい時、と閉まってしまう時の差が大きいと言う欠点がある。ただそこを揚げ足をとって批判する奴がいる!アホだよ!人生のたった15%の部分だけを見て、その人生を判断してしまうようなものだ!』 ーーーーーーーー ロビノ『ワイン造りってのは、自分で造ってはじめて分かったけど、誰一人同じワインは造れない!ってこと。サインみたいものだな!年代も変わるとこれも同じワインがつくれない!年代が変わっても一緒だったら、その方が問題だな!どこかに誤魔化しがある。』 ーーーーーーーー ロビノ『ヨシオ!“RECREATION”という動きはグットアイデアだな!3月には自然派の仲間が20人ほど日本に結集して自然派試飲会をやるそうじゃないか!俺もいくよ!』 伊藤『それは素晴らしいことだ!』 by ITO

15
Fév

今年のボジョレーは?

ボジョレー・ヌーボー用のぶどうは収穫も終わり、マセラシオンが始まったばかりです。 今年の夏、7月は105年ぶりの猛暑となり非常に暑く、2003年の再来か?このまま続くかなと期待していたら8月は涼しくなり、少し雨も降りました。また局部的に雹が降り、この影響でカビが発生した蔵元もかなりありましたが、9月に入ってから晴天の日が戻って日差しがたっぷり降り注いでくれたお陰で、ボジョレー全体的にぶどうは順調に成熟して糖と酸のバランスが見事に取れています。全般的に皮もしっかりと厚いので、鮮やかな色付きのワインになるでしょう。 局部的に雹にやられた畑は、カビが大発生していることもあり、収穫時に選別作業を厳しくやった醸造元とそうでない醸造元の差が大きくでる年となるでしょう。 作り手の腕の見せ所の年となるでしょう。 タイプとしては一般的に軽やかなボジョレ−になりそうです。 ポリシ−のしっかりした醸造元のヌ−ヴォ−はとても期待出来る年ですよ! さてパリ発クラブ・パッション・デュ・ヴァンがお勧めする自然派ヌーボーの中で、本日、紹介したいのは、かの有名なパカレと、ブラヴリエールの二つです。 −フィリップ・パカレ− 9月の雨が原因で少しカビが出ましたが、収穫時に時間をかけて良いぶどうだけを厳選しました。カビでやられた葡萄を切り落として、健全な葡萄のみを仕込みました。 収穫が終わった畑は、切り落とされた葡萄の絨毯のごとくになっていました。 ガメイのエレガントな風味が生きています。 やさしい酸とパカレ独特の果実味のバランスがとれたグイグイ飲めるジュ−シ−なヌ−ボ−になりそうです。 酸っぱいヌーボーの味が普通だと思っておられる日本の皆さん、これ飲んでぶったまげて下さい。 −ブラヴリエール− この畑ではカビは発生しませんでした。理由は冬の短い剪定を今まで以上に短くしたことが奏功したのです。品質を求める熱い姿勢が天候の悪影響を見事にカバーしたといえます。 クロッシュと呼ばれている鐘の形をした標高300メ−トルの畑に栽培されている60歳の古木には一本の木に4〜5房の葡萄しかとれず、素晴らしい葡萄が収穫されました。 雹と湿気によるカビの大発生のボ−ジョレ地区の中で、今年のこのブラヴリエ−ルの作柄は飛び抜けて素晴らしいものになるでしょう。 では今回はこの辺で失礼します。 by Kimitake

15
Fév

エスポア・ ナカモト

自然派直輸入ワインが沢山あります!とくに南の自然派は滅法強いです! ワイン教室もやっています!! 店名 : エスポア・ナカモト 住所 : 154-0016 東京都世田谷区弦巻4-2-25 電話番号 : 03-3426-0038 ファックス : 03-3425-6429

14
Fév

L’Estaminet d’Aromes et Cepages

ショップ&定食食堂 39,rue de Bretagne 75003 Paris FRANCE TEL 01 42 72 28 12 営業時間 火曜〜土曜:9時〜20時 日曜:9時〜14時 価格情報 グラスワイン:3.5〜5ユーロ ボトル(販売):4.2〜29ユーロ/店内で飲む場合は+5ユーロ ランチ・ディナー6.5〜20ユーロ

14
Fév

Le bistro Paul

レストラン&ワインバー 18,rue Paul-Bert 75011 Paris FRANCE TEL 01 43 72 24 01 営業時間 休み:日曜・月曜 価格情報 グラスワイン:4ユーロ〜(カウンター) 5ユーロ〜(テーブル席) ボトル:16ユーロ〜 ランチ:16ユーロ〜(火曜〜金曜) ディナー:32ユーロ〜 アントレ:9ユーロ プラ:21ユーロ お店写真 写真