Tag : コスミック

タグ・ワード コスミック にマッチする記事が見つかりました。

“幸せ”を創る人達の集まり宴!カタルーション上野原

綺麗な空気、景色、と共に濃縮された 幸せ、が、ここから日本中に、いや世界中に広がっていく。 モノ、コトを創る人達のエネルギーは凄い! ここフランスまで伝わってきます。 素晴らしい! BY Masaki TAKESHITA 山梨県上野原の富岡棚田。 桜の花も満開、まさに春を感じる、この日に100名以上のワイン愛好家が集合。 スペインからの2生産者を囲んで楽しい宴が開催された。 Cosmic・Salvadorコスミック醸造のサルバドール とOriole ARTIGASオリオル・アルティガス。 新宿から70分移動すれば、こんな恵まれた自然環境があることにびっくり。 そこに集まった8店舗のシェフ達。 環境もワインも数々の料理も最高。 自然の中で飲む自然派ワインの味わいはさらに美味い。参加した人達の笑顔笑顔! 上野原の自然の中で、素晴らしい時間を共有したイベントだった。 この大きなイベントを成功させたBMO山田聖子さん、恭路さん、スタッフの皆さん、美味しい料理を作ってくれた ▪️ハヤリテラス▪️namida▪️shinori▪️TAKI …

皆の憧れジャンフランソワ・ニック Les Foulards rouges           Indigenesアンディジェンヌ試飲会 -No3

  2000年台前半、カタルーニャ地方に自然派ワイン醸造家が一人も居なかった。 ジャンフランソワは果敢にスペインとフランスの国境近くの元農協の建物を買い取り2002年に醸造所を設立。 以後、ジャンフランソワ・ニックを追うように多くの若者達がここルシオン地方にやって来た。 惜しみなく栽培・醸造のアドバイスをして彼らを育てた。 比較的、無口で謙虚な人間性のジャンフランソワは師とか先生と言われるのが嫌い。 家族のように、必要な時に必要な事をドンピシャリとアドバイスする。 例えそれが困難なことでも、必要な事は真っ直ぐに伝える。 自分自身が色々な困難を乗り越えてやってきたから躊躇はしない。 だからこそ、皆から尊敬される。 次世代のカタルーニャ地方の自然派のリーダーになるであろうこの二人も自分のワインを ジャンフランソワ・ニックに飲んでもらって意見を聞きたくてジャンフランソワのテーブルにやって来る。 オリオル・アルティギャスOriol・Artigas、コスミックCosmicのサルバドール。   今は息子も娘も醸造元に加わって充実した仕事が可能となっている。 ワインの品質は、細かい作業の積み重ね。毎年100%やりたいことができる年は少ない。 人が加われば色んなことが可能になる。 このレベルになるとプラス・アルファは大きな改良要素になる。 フランスでは単なる従業員でなく家族であることはトビッキリ重要な事。 ますますワインが美味しくなっている。 …

YOYO・ヨヨーIndigènesアンディジェンヌ試飲会 -No2

会場に入ると入口のほぼ真正面にYOYOさんのスタンドがあった。 今日は、可愛い姪さんが助っ人に来ていた。 YOYOさんの人気が凄い。 何といってもワインが抜群に美味しい。 強烈なミネラル感のあるバニュルスのシスト土壌で、どうしたらここまで優しく涼しく造れるのだろう? 優しくてもシスト土壌のミネラルはキッチリのっている。 他のバニュルスのワインとは全く違うスタイルを造り上げている。   夜の晩餐会ではYOYOさんの隣に座って色んな話しが聞けた。 数週間前まで日本にジャンフランソワ・ニックと滞在していた。 日本で多くに人に巡り逢って大変喜んでいました。 特に、北海道での寿司屋さんで食べた魚類の新鮮さには感動していた。 写真を色々見せて頂いた。 生きている透明のイカをその場で調理してもらった美味しさに驚いていた。    今回の初耳なお話しは、YOYOさんはドイツのフランクフルトに5年間も住んだことがあるそうです。 LA Vierge Rouge ラ・ヴィエルジュ・ルージュとAkoibonアコワボンのマグナムを飲みました。 …

萬谷シェフ(トルトゥーガ大阪)PARIS到着

今日から一週間、萬谷シェフはフランスからスペイン(カタロニア)までの旅をする。   ☆キラリと光る醸造家を訪問予定 ブルゴーニュ、ローヌ、ルシオン、カタロニアまで駆け巡る。 フィリップ・パカレPhilippe Pacalet ラングロール L’Anglore バランタン・ヴァレス Valentin Valles セバスチャン・シャティヨンSebastien Chatillon フラール・ルージュFoullards Rouges ヨヨYoyo コスミックCosmic オリオル・アルティギャスOriol Artigas 今夜は前夜祭 …

Le Vin de Mes Amis ル・ヴァン・ド・メザミ試飲会 (Montpellier) NO2

Par Takeshita Masaki ★Jean-Baptiste SENA この人のワインの進化にビックリ。 ジャン・パプティスト・セナ! いったい、いつが飲み頃?というパワフルなワインをミネルヴォワで造っていたが、白はフレッシュな洋梨ジュース、赤はエレガントながら、1本芯の通ったエネルギー詰まったワイン。 髭をはやし、性格的も穏やかになった感じのセナ。旨し!      ★Thomas Picot – Domaine Pattes Loup パット・ルーのトマ・ピコは2015年ヴィンテージを持参。このエレガントなミネラル感がたまらない。繊細なシャブリ。余韻の塩気が心地良い。     ★Mas Haut …

H2O Végétal –Part6 宇宙を感じる! COSMIC コスミック醸造

数週間前にBMOのMasakoマサ子さんがCOSMICコスミック醸造を訪問。 レストランンEl Ginjoler エル・ギンジョレールのオーナーシェフ・シャヴィXaviさん 三ツ星レストラン・Can Roca カン・ロカのシェフ・ソムリエさん達と一緒でした。 初リリースから人気のCOSMIC。 実は昨年のH2O Végétal試飲会で試飲して即訪問したのですが、 その時すでに、すべて売り切れだった! 16年産は、まだ収穫前だったけど、その時に予約して来ました。 一年越しのCOSMICワインが先週日本に着いたようです。 残念ながら量は少量しかもらえませんでした。 宇宙エネルギーが詰まったワイン。大きな、大きな宇宙を感じてください。 “マルセルを知らない新世代自然派”を象徴した醸造家の一人です。 新しい流れを感じてください。 Salvaeorサルバドールは、スピリチュアルな面も持っていて、山上の畑の中に大きな自然石があり、 星空の中、時々座るようです。 山の上、満天の星の中、座ると自分が宇宙の一部であることを感じるようです。 日中ですが、私も座ってみました。 …

H2O Végétal –Part5 –どこまでもキレイなロゼ!COSMIC コスミック醸造

Confianza 2016 コンフィアンサ グルナッシュ・グリをアンフォラで仕込んだロゼワイン。 樹齢50年、根っ子は表面の砂質の層を超えて花崗岩盤まではいりこんでいる。 スカットした塩味がかったミネラル感、そこに実にキレイな酸、エレガントな赤いベリー系の果実味、薔薇のような花の香りが伴ってスーット体に流れていく逸品!! 標高300mのプイッチ・ロドーという区画、表面は花崗岩が風化した砂質、鉄分が多く含まれている。 除梗したあと、発酵前にステンレス・タンクで4日間マセラッション、プレスしてジュースを アンフォラで20%発酵、樽発酵20%、ステンレス・タンク発酵60%に振り分けてアルコール発酵したもの。 ここまでのスタイルにたどり着くまで研究、試作、思考を繰り返し練りに練った醸造方法。 自分が狙ったスタイルで、ここの土壌を最大限に生かし、宇宙のエネルギーを液体に写したワイン。 名前のごとく、スーット体と心が安定・安心してくるのを感じる。

H2O Végétal –Part4 -宇宙エネルギーをワインに!!COSMIC コスミック醸造

サルバドールSalvadorは小さい頃から星や宇宙に興味を持っていた。ワインの勉強をしながらも天文学も学んだ。 宇宙が地球に注ぐエネルギーの偉大さに感動している。 当然、栽培はビオディナミ農法を採用。 宇宙の話しをしたら止まらない。 宇宙のエネルギーを最大限にワイン詰め込みたい。 だから名前も“COSMIC”コスミック。 ここのワインに共通するスカットした透明感は宇宙エネルギーからなのだろう。 ★VALENTIA ヴァランティーア★ このワインの畑はAguyanaアグヤーナ村の山の一角、この区画はl’Estrada レストラ―ダと云い山の麓にある最も低い標高190mの畑。ここで昔か植えられている品種はカリニャン・ブランである。 この地方では、昔はカリニャン・ブランが主力品種だった。 ここでも近代化の流れで、他の売りやすい品種に植え代えられてしまった。 僅かに残る貴重な50歳の樹齢のカリニャン・ブラン70%。 カリニャン・ブランは、どんなに葡萄が熟しても“酸”がキッチリと残る特別な品種。 そして、プイッチ・ロドーの30% 素晴らしい酸とミネラル。 70%はアンフォラで発酵、30%の3割が栗の木樽で発酵 アンフォラでは純粋なアルコール発酵のみをさせる。カリニャン・ブランは還元力が強く、ワインに還元臭が残りやすい品種、アンフォラで発酵させると発酵中に外気との通気ができて還元しにくくなる。 なんて真っ直ぐな白ワインなのだろう。酸とミネラル感とやさしい舌触り。 お寿司に合わせたい。

H2O Végétal-Part3 今、勢いのある若手、コスミックCOSMIC醸造

(スペイン自然派ワインの夏祭り見本市) COSMIC コスミック醸造   今、スペインの若手で最も勢いある醸造家の一人、Cosmicコスミック醸造のSalvadorサルバドール。 思ったことを真っ直ぐ突き進むエネルギーは、まさに宇宙的。 一点の濁りがない瞳がすべてを語っている。 サルバドールSalvador、35歳。 タラゴナTarragona地方のぺネデスPenedèsの葡萄栽培農家に生まれた。 しかし、自分のやりたいことは両親の延長線上にはなかった。 葡萄栽培・醸造学校を卒業したあと、違う世界を見たくてニュージーランドに渡って違う世界の醸造を経験。 外に出ると、より自分のやりたいことがハッキリしてきた。 2013年に、フランス国境から10キロ足らずの山の中、サルバドールが造りたいワインの土壌、微気象標を備えた素晴らしい5hの畑を発見。 標高300~600mの斜面、酸をもたらしてくれるミクロクリマ(微気象)、つまり、山からの乾燥した風トラモンタンと海に近いこともあって湿気も備えている。風が病原菌を吹き飛ばしてくれて、ある程度の湿気が異常乾燥を避けてくれる。葡萄が熟す最後の段階に重要な水分を確保できるので、期待通りの“酸”をもたらしてくれる。 . Cosmicコスミックのワインには、エッ!これがスペインのワイン?と驚くほどのフレッシュな酸がある。 そして、真っ直ぐに伸びる花崗岩からくる透明なミネラル感が凄い。 それでいて、やさしいソフトな舌触りは、花崗岩が風化した砂質層土壌に由来している。 凄いワイン、醸造家が誕生したものだ! すでに多くの一流レストランのシェフ、ソムリエ達が評価し、出入りしている。 …

Changement de l’ Epistème de nature !! 新旧の地殻変動!!

次世代ヴァン・ナチュール見本市 “BIM” 自然派ワインの進展もここまできたか!と思うようなワイン見本市が南ローヌで開催された。 まさに、新旧の地殻変動が進行しているのを感じる。 マルセル・ラピエールから始まったヴァン・ナチュールの世界、その影響を直接享けた人達から次の世代へバトンが渡されようとしている。 アンチ・テクニックの発想から“自然・ナチュール”とう名を使ったマルセルの時代。 実質上、90年代初期から世にでて、約30年弱が過ぎようとしている。 当時、20代、30代だった醸造家達が、50,60代になっている。 彼らの息子達が働きだしている。 次に控えている世代は、“自然が当たり前”で敢えてナチュールと名乗る必要性を感じていない。 これから始める人達にとっては、もうアンチ・テクニックの発想は全く消えている。 BIMはそんな世代ばかりが詰まった未来を垣間見るワイン見本市だった。 そんな面白いことを主催するのは、この人、ヴァランタン・ヴァルスValentin VALLESだ。 先週末の7月23日に南ローヌNimesニームの街の近所で開催された。 23日の17時頃から始まって21時まではテ-スティング、それから皆で夕食、朝まで続くお祭りだった。 メンバーは若者ばかり。スペインの次世代の天才醸造家二人の参加。 この世代にもう国境はない。 ラングロールの次世代チボーとスペインのコスミックやマスペリのオリオルがもう繋がっている。

宇宙を感じさせてくれるスペインワインCOSMICコスミック

Salon de vin “Indigenes” ワイン見本市アンディジェンヌ Part-3 フランス国境に近いピレネー山脈の端スペイン側。標高500mと宇宙に近い山の中。 たったの5.5ヘクタールの畑を丹念に耕すSalvador Batlleサルバドール・バトルさん。 醸造も自生酵母のみ、SO2も極小。 驚く程、洗練されたワインを醸す。 今までのスペインワインには存在しないスタイル。 どこまでも透明感があって、宇宙遊泳をしているような真空な宇宙を感じさせてくれる         あまりにも印象が深かったので、初日と二日目も試飲した。 2日目は皆がCOSMICの事を話すので、ブースは人だかりでなかなか近づけなかった。 やっぱり、真っ直ぐな透明感が素晴らしい! すーっと宇宙に吸い込まれて行きそうな感じ。        当然ながら、5.5ヘクタールしかないので量が激小だ。 …